600万円超! スバルの新型「スポーツセダン」に購入希望殺到!? STIチューンの特別な「WRX S4」何がスゴい?

スバル「WRX S4」の特別仕様車が抽選販売され、限定500台に対して3.8倍の応募があったことがわかりました。一体どのようなモデルなのでしょうか。

前後異形の特別なホイールを市販車初採用!

 スバルのスポーツセダン「WRX S4」の特別仕様車「WRX S4 STIスポーツ#(シャープ)」が限定販売されました。
 
 2024年1月に開催された「東京オートサロン2024」で初公開されたこのWRX S4 STIスポーツ#は、現行WRX S4初のコンプリートカーとして設定されたもの。
 
 最上級グレードの「STIスポーツ R EX」をベースに、STIパフォーマンスパーツをはじめとする特別装備の採用や専用チューニングを施すことで、操縦安定性の向上と上質な乗り味を実現しました。

スゴいホイールが装着された「WRX S4 STIスポーツ#」
スゴいホイールが装着された「WRX S4 STIスポーツ#」

 走りの質を変える機能を持つSTIパフォーマンスパーツですが、「フレキシブルタワーバー」と「フレキシブルリアドロースティフナー」が搭載されており、いずれも操舵の応答を良くして、運転が上手くなったかのように感じられる効果があるといいます。

 そのうえで、今回新たに「STIフレキシブルパフォーマンスホイール」が開発され、市販モデルに初めて採用されました。

 フロント用とリア用ホイールをそれぞれ専用品とし、前後ホイールでリム形状を少し変更することで、タイヤのたわませ方をコントロールするというもの。

 これにより、微小舵応答の遅れが少なくなり、手応えがきちんと伝わる操舵感が得られ、車速を問わずハンドルを切った瞬間からドライバーの意図したようにクルマが動くことが実感できるといいます。

 そんな走りを極めたWRX S4 STIスポーツ#は500台が抽選販売されました。スバルによると、応募総数はのべ1902件と、3.8倍という競争率になったとのこと。

 応募者が選択したボディカラーは、「オフショアブルー・メタリック」が57%、次いで「セラミックホワイト」が17%、「WRブルー・パール」が14%、「クリスタルブラック・シリカ」が11%となりました。

 一番の人気色となったオフショアブルー・メタリックは、2022年12月に発表されたスバルのクロスオーバーSUV「クロストレック」から採用された新たなボディカラーです。

 2023年1月に発売されると同時に即完売となった「レヴォーグ」の特別仕様車「STIスポーツ#」にも設定され、同車でも購入者の6割が選択した人気色がWRX S4に初めて採用されました。

 オフショアブルー・メタリックはその名の通りメタリックが入っており、光の当たり具合で見え方が変わるカラーです。シャープでスポーティなスタイリングのWRX S4をより引き立てる効果もあるようで、この新たなボディカラーは今後のスバル車の定番色になるのかもしれません。

※ ※ ※

 WRX S4 STIスポーツ#の外観は、全体を黒でコーディネートしてスポーティさと上質さを表現しました。フロントグリルやドアミラー、シャークフィンアンテナなど、各種ブラックパーツで特別感を演出しています。

 内装は、ウルトラスエードを使用したレカロシートやルーフトリムをブラックで統一。各所にシルバーステッチを施し、上質な空間を実現しました。

 さらに、スペアタイヤ収納部とトランクスペースに制振材を追加し、静粛性を向上。上質なセダンというWRX S4の魅力をさらに磨き上げています。

 価格(消費税込)は623万7000円です。

【画像】「えっ…!」これがスゴい「WRX S4」です! 画像を見る(45枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー