豪華なトヨタ「デカい ミニバン」実車展示! “アルファード”シート採用!? 存在感ある「ファインテックツアラー」とは

トヨタ「ハイエース」をカスタムした「豪華仕様」が東京オートサロン2024に展示されました。

ラグジュアリーなハイエース!ファインテックツアラーってどんなクルマ?

 LEGANCEはトヨタ「ハイエース」をベースとした「コンプリートカー ファインテックツアラー」を東京オートサロン2024で展示しました。
 
 どのようなクルマになっているのでしょうか。

ラグジュアリーなトヨタ「デカい ミニバン」
ラグジュアリーなトヨタ「デカい ミニバン」

 車両制作のコンセプトについて、LEGANCEは次のようにコメントしています。

「トヨタ車体特別架装車をベースに、今年24周年を迎えるジェイクラブが渾身のLEGANCEコンプリートカーとして展示いたします。

 ブラックボディ&ロイヤルブロンズのツートンカラーがラグジュアリーを連想させます。

 3ナンバー10人乗りを最大限に活用したデモカーです」

 ベースとなっているモデルは「ハイエース グランドキャビン スーパーロング」。

 車両コンセプトにもあるように、ラグジュアリーで上質感があるクルマに仕上がっています。

 エクステリアは特設カラーのブラックですが、ラッピング等でオーナーの好みにカラーリングを変えることが可能です。

 ドレスアップの内容としては、ホイールアーチやフロントバンパーに手が加えられています。

 ドレスアップ内容について、LEGANCEは次のようにコメントしています。

「フルバンパーにフリッパーなどアンダーパーツをすべて装着し、少し遊び心を持たせました。シンプルな中に存在感を強調できる仕様です。

 ガラスはすべて交換しており、高級感をさりげなくアピールしております」

 また、変更が加えられているのは外装だけでなく、インテリアにもさまざまなカスタムが施されており、より上質でラグジュアリーな車内空間が作り出されているのが特徴的な1台です。

 そんなファインテックツアラーですが、どのような経緯で制作されたのでしょうか。

 LEGANCEの担当者は、次のように話します。
 
「もともとおもてなしの送迎車として使用されている『ファインテックツアラー』をよりゴージャスにドレスアップしました。

 大人数の移動でも、不自由なくリラックスした時間を過ごせると思います。

 内装は『アルファード』のシートを後部座席に4脚つけて、シートカバーつけたりマットをつけたりして販売しています。

 加えてライティングパネルも設置しており、大人の豪華な雰囲気と快適な空間を演出しています。

 特徴としては、とにかく外装にこだわったクルマです。

 たとえば、外装の色は塗装ではなくラッピングでおこなっています。

 3年ぐらいしたら浮いてきてしまったり費用面でコストがかかったりしますが、剥がせばもとの黒色ボディに戻すことができます。

 内外装ともにラグジュアリー感を演出できるように意識しました」

 また、今後の予定について、同担当者は次のように話します。

「ここまでカスタムしているとやりつくしてる感もありますが、今後はホイールを変えるなど細かい部分をバージョンアップしていきたいと考えています」

 極めてラグジュアリーなハイエースとして登場したコンプリートカー ファインテックツアラーは、多くのファンの注目を集めていました。

【画像】「えっ…!」 これが「超豪華トヨタミニバン」です!画像を見る(30枚)(30枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー