「斬新マスク」採用! トヨタが新型「“9人乗り”ミニバン」を刷新! スライドドア装備の「プロエース ヴァーソ」2024年中に英で発売

トヨタの英国法人は2024年1月25日、スライドドアを備えたミニバン「プロエース ヴァーソ」マイナーチェンジモデルを2024年中に導入すると発表しました。BEV仕様も設定します。

マイチェン版「プロエース」のミニバン仕様にもBEVを設定

 2024年1月25日、トヨタの英国法人は2024年の新型車導入計画について発表しました。
 
 SUVなどの電動化モデルが複数発売される予定ですが、スライドドアを備えたミニバン「プロエース ヴァーソ」についても、マイナーチェンジの実施とともに新型EVモデルを投入すると明らかにしています。

スッキリ顔に一新! トヨタ「プロエース Electric」[欧州仕様/写真は商用モデル]
スッキリ顔に一新! トヨタ「プロエース Electric」[欧州仕様/写真は商用モデル]

 トヨタの欧州部門で販売されるミドルクラスの商用バンおよび乗用ワゴンで構成される「プロエース」シリーズは、共に欧州で提携を結ぶステランティスグループから供給を受けるモデルであり、日本未販売のプジョー「エキスパート」/シトロエン「ジャンピー」などと兄弟車にあたります。

 2013年より販売を開始し、貨物用途から、多人数乗車まで対応する様々なラインナップを用意して欧州ユーザーの需要に対応しています。

 現行型プロエースは、2016年登場の2代目です。

 シリーズのうち、多人数乗車に対応する3列シート・最大9人乗りのミニバンモデルをプロエース ヴァーソと呼びます。

 ボディタイプは「コンパクト」「ミディアム」「ロング」の3タイプが用意され、ロングのボディサイズは全長5308mm×全幅1920mm×全高1890mm、ホイールベース3275mmです(2016年当初のスペック)。

 一方の商用仕様であるプロエース バンは前席3人掛けシートで、同様に3つのボディタイプを用意し、最大6.6立方メートル、1400kgのクラス最大積載量を有します。

 両モデルのパワートレインには、仕向け地に応じてガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどが複数用意されていますが、2021年にはBEV(バッテリーEV:電気自動車)の「プロエース ヴァーソ エレクトリック」及び「プロエース Electric(エレクトリック)」も追加されています。

 そして2023年11月、プロエースを含めた「トヨタプロフェッショナルシリーズ」と呼ばれる商用車3シリーズにそれぞれフル電動化ラインナップを設定するとともに、各モデルのリニューアル実施について世界初公開しました。

 マイナーチェンジを実施した最新世代のモデルでは、バッテリー技術の向上により最大航続距離350kmをマーク。これまでのモデルよりも20km増加しているといいます。

 またエクステリアデザインを、新型プロエース各シリーズ共通のイメージで刷新しました。

 トヨタのデザインアイデンティティに沿ったすっきりしたフロントマスクとし、グレードによりフルLEDヘッドライト、アルミホイールなども設定します。

 室内もステアリングホイールデザインを一新し、フルデジタルディスプレイや統合ナビゲーションを備えた最新のインフォテインメントシステム、ワイヤレスによるApple CarPlay/Android Auto接続など、最新の車載機能が搭載され、コネクティッド機能も全車種に搭載可能です。

 2023年11月の発表当初、新型プロエースのBEVはバン仕様のみが公開されましたが、今回のトヨタ英国法人の発表で、乗用ワゴン仕様であるプロエース ヴァーソ エレクトリックについてもマイナーチェンジ実施が言及され、2024年中の導入が明らかになりました。

 英国における販売価格などは未定です。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「ミニバン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー