“斬新ハンドル”搭載したスバル新「SUV」登場!「ソルテラ」運転支援システム&充電性能が向上! 米で約665万円から

スバル「ソルテラ」の2024年モデルが米国で発表されました。2024年モデルはステアリング形状が変更されたほか、安全性能や充電機能がアップデートされます。

四角っぽい「オーバルハンドル」のメリットは?

 スバルの米国法人は2024年1月25日(現地日時)、電動SUV「ソルテラ 2024年モデルを発表しました。
 
 2024年モデルの改良点としてオーバル型のハンドルが採用され、メーターの視認性が向上するとともに、先進感のあるコクピットを実現しています。

2024年モデルの「ソルテラ」に斬新ハンドル搭載
2024年モデルの「ソルテラ」に斬新ハンドル搭載

 さらに、急速充電機能が向上し、1日の使用可能距離が大幅に延長されたほか、35分でバッテリーを10%から80%まで充填することが可能となりました。

 また、充電状態を表示するインジケーターには、80%または100%まで充電するのに必要な推定時間が示されます。

 加えて、バッテリーコンディショニングシステムがアップデートされたことで、気温が低下したときでも大幅に速く充電することが可能になりました。

 そのほか、静荷重700ポンド(約317kg)、動荷重176ポンド(約80kg)までのルーフレールを標準装備。ルーフテントを設置するのに適したアイテムが備わります。

 運転支援システムにも新機能を搭載。ストップ&ゴーを含めて、ドライバーの監視のみで時速25マイル(約40km/h)までの車線走行が可能です。

 また、フロントクロストラフィックアラートが追加され、衝突の危険性をドライバーに警告。より安全に交差点へ進入することができます。

 ブラインドスポットモニター、歩行者警告機能付きリアカメラ検知機能、レーントレースおよび道路標識アシスト機能付きダイナミックレーダークルーズコントロールに加え、ドライバーフォーカス注意力軽減システムが追加され、安全運転をサポートします。

※ ※ ※

 米国でのソルテラ 2024年モデルの価格は4万4995ドルから5万1995ドル、日本円で約665万円から約768万円です。

 2024年初頭に発売される予定です。

【画像】「えっ…!」これが「斬新すぎるハンドル」です! 画像を見る(14枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー