日産が新「マーチ」初公開!? オシャな「“2人乗り”小型商用車」に大変身? 冷蔵庫完備する充実の「ウッド内装」とは

日産がコンパクトハイトワゴン「キューブ」中古車の商品力を高めた「認定中古車」販売をトライアルで開始しました。すでに第二弾のコンセプトモデルも発表されています。どのような狙いで開発されたのか、話を聞きました。

「ピスタチオ」カラーもオシャレな「菓子職人」カー!?

 2024年1月19日、日産は内外装部品のリフレッシュやカスタマイズを施した「認定中古車」のトライアル販売を発表しました。
 
 実はこの企画、昨年1月に開催された「東京オートサロン2023」に参考出品されていたコンセプトカーを再現したもの。そして第2弾のモデルも1月12日開催の「東京オートサロン2024」で先行公開されています。どういったクルマなのでしょうか。

ウッドと「ピスタチオ」の内装がめちゃオシャレ! 魅力的な「マーチ パティシエ コンセプト」の内装
ウッドと「ピスタチオ」の内装がめちゃオシャレ! 魅力的な「マーチ パティシエ コンセプト」の内装

 認定中古車のトライアル販売は、2020年に生産終了となった3代目(Z12型)「キューブ」の中古車をベースにした、「CUBE Retro Renovation(キューブ レトロ リノベーション)」です。

 ユーザーの好みや予算に応じて新品部品への交換やメンテナンスを行い、内外装のリフレッシュパッケージと、個性あふれる内外装にカスタマイズできるパッケージを採用した認定中古車の仕組みとなっています。

 2024年1月22日より奈良日産において限定20台で発売され、中古車代金(70万円)とカスタム費(57万円)、リフレッシュ費(約27万円)、諸経費の合計168万円ほどで購入できるといいます。

 そしてこの企画の第2弾となるコンセプトカーが、今年2024年の東京オートサロン2024で参考出品された「MARCH Patissier CONCEPT(マーチ パティシエ コンセプト)」です。

 ということはキューブと同様に、今後マーチをカスタマイズした認定中古車販売が行われる可能性が大きいと考えて良いしょう。

 東京オートサロン2024会場で、日産自動車のグローバルアフターセールス商品開発&エンジニアリング事業本部 コンバージョン&アクセサリー企画部の岩片 優樹氏に話をうかがいました。

 岩片氏は、マーチ パティシエ コンセプト開発の狙いについて、次のように説明します。

「テーマは『パティシエ(菓子職人)が使うクルマ』です。

 実際に、徳島県で菓子店を営む若手のパティシエに意見をもらいながら、コンセプトカーのデザインへ落とし込んでいきました」

 製作にあたり、前回のキューブ同様に中古車を購入し、くたびれたパーツや汚れを落とすため、分解整備とボディ磨きなどを行い、やれた部品を交換してリフレッシュしています。

「グリルのデザインは、チョコレートをイメージして3Dプリンタで制作しました。

 実際の店舗をオマージュして、ピスタチオのような優しいグリーンの内装色や、木目調のカラーリングに近いものへと仕上げています」

【画像】めちゃカッコいい! 日産「小型商用車」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 違うそうじゃない

    残念な

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー