レクサス新型「高級SUV」発表! 軽快FFモデルも追加! 斬新&貫禄の「RZ」改良への反響は?

レクサスが「RZ」の改良モデルと、新モデル「RZ300e」を発売しました。これについてSNSではどのような反響が集まっているでしょうか。

新型SUV「RZ」登場! FFモデルが追加に

 レクサスは2023年11月30日、バッテリーEV「RZ」の改良モデルと、追加の新モデル「RZ300e」を発売しました。これについてSNSでは、どのような反響が寄せられているでしょうか。

新たに追加されたFFの「RZ300e」
新たに追加されたFFの「RZ300e」

 RZは、レクサス初のバッテリーEV専用モデルです。2022年4月に世界初公開され、2023年3月に発売されました。レクサス電動車の中核モデルとして展開されており、EV軸へのブランド変革の起点として位置付けられています。

 プラットフォームにはEV専用の「e-TNGA」を採用したほか、バッテリーやモーターの最適配置や高剛性ボディによって基本性能が高められました。

 外観は、レクサスのアイデンティティである「スピンドルグリル」を昇華させた一体造形「スピンドルボディ」を採用。内装は環境に配慮し、素材や装飾に頼らない上質さを演出しました。

 グレードは、発売当初は「RZ450e」のみ。

 パワートレインは、最高出力204馬力・最大トルク266Nmのフロントモーターと、109馬力・169Nmのリアモーターを搭載。これに71.4kWhのバッテリーを組み合わせ、最大航続距離は494km(WLTCモード)を達成しています。

 また、四輪駆動システム「DIRECT4」により、クルマと一体化したドライビングフィールを実現し、ドライバーにクルマの状態変化を自然に伝える音作りも追求したといいます。

 今回の改良では、空調用ヒーター熱をバッテリーに伝えて急速充電速度を向上させる「電池急速昇温システム」を採用しました。

 これにより、例えば氷点下10度の屋外で90kWの充電設備を利用した場合、充電警告灯点灯から残量約80%までにかかる充電時間は、現行モデルの90分に対し、改良モデルは約3割短い60分といいます。

 また、今回追加されたRZ300eは、RZ450eの開発で掲げられたコンセプト「The Natural」を継承したFF(前輪駆動)モデルで、フロントモーターのみを搭載します。

 BEVシステムのエネルギー効率を高めたほか、フロントモーターを駆動するインバーターに電力ロスの少ないSiC(シリコンカーバイド)素子を採用することで、航続距離を599km(WLTCモード)へと延長。

 さらに、専用開発したリアサスペンションメンバーの採用により、ノイズや不快な振動を減らして乗り心地を向上させたほか、コイルスプリングやスタビライザー、ショックアブソーバーの設置をFF駆動に最適化することで、軽快でリニアな挙動を実現させています。

 価格(消費税込)は、RZ300eが820万円、RZ450eは880万円です。

 この新RZに対しSNSでは、「これは気になる」「売れそう」など関心を寄せる投稿があったほか、「599kmなのが惜しい!」と、600kmにわずかに届かない航続距離に触れる人もいました。

 また、「いいお値段」「もう少し価格を下げてほしい」など、800万円を超える価格に言及する投稿もありました。

【画像】「えっ…!」 これが「斬新すぎる」RZです! 画像で見る(30枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー