ホンダ「新型オデッセイ」発売へ 新たな「最上級ミニバン」がまもなくデビュー 「アル/ヴェル」並みの存在感は示せるのか

ホンダ「オデッセイ」がまもなく復活します。すでに国内ミニバン市場は活気を見せていますが、オデッセイはどのようなポジションを担うのでしょうか。

「オデッセイ」再販… ライバル多きミニバン市場でどう戦う?

 ホンダ「オデッセイ」は2021年をもって国内生産を終了し、在庫も完売した2022年夏で28年の歴史に幕を閉じて日本では終了。
 
 あとは北米(車名は同じだが車体はひとまわり大きい別モデル)や中国(ハンドル位置は違うが日本で販売していたオデッセイと基本的に同じ)など、国外で生き続けていく――はずでした。

再投入の「オデッセイ」 立ち位置は
再投入の「オデッセイ」 立ち位置は

 しかし、ホンダは2023年春にオデッセイの国内再投入を宣言。すでに先行予約がはじまっており、今年4月の発表によると「発売は2023年冬」とのことなので、近日中にデリバリーもはじまることでしょう。

 こうして国内に復活するオデッセイですが、フルモデルチェンジした新型かといえばそうではありません。

 国内再投入されるモデルは中国の工場で作られる輸入車で、かつて日本で販売していた世代をブラッシュアップしたものとなります。

 スタイリングは、グリルの水平バーが4本から5本に増えるなどさりげなくイメチェン。

 一方インテリアは運転環境が少し変化しました。

 ATセレクターは一般的なセレクトレバーからボタン式のギヤセレクターに変更されるほか、アクセルオフ時の減速度が3段階に切り替えられる減速セレクター(パドル)、そしてノーマルのほか「ECON」や「SPORT」が選べるドライブモードスイッチを組み合わせます。

 2列目に移ると、包み込むような柔らかさが自慢のセパレートシートは4ウェイの電動調整式となり、アームレストは小物が置けるトレー付きに進化。ワイヤレスチャージャーも用意されます。

 また、安全運転支援システムには近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能(販売店でのセッティングが必要)などを追加。

 車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載するなど最新タイプへアップデートされるなどナビも進化しました。

 つまり販売終了以前のタイプに対してマイナーチェンジを受けて進化した仕様といっていいでしょう。

 ちなみにパワートレインはハイブリッドの「e:HEV」のみで、価格は公表されていませんが480万円から517万円程度になる模様です。ガソリン車がなくなったこともあり、価格レンジは上がりました。

 さて、気になるのが今回のオデッセイ復活で日本のミニバンマーケットにどんな変化を与えるかということ。

 しかし、結論から言えば大きな変化はないでしょう。

【画像】めちゃカッコイイ! ホンダ最上級ミニバン「オデッセイ」を画像で見る(65枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. 仰る通り!
    売れる売れないは別として、まずはラインナップする事が大事。
    小さい車からステップアップするための車種が無くなったら、客が他社に流れるからね。

  2. 改めて「ホンダ終わったな」

    • オラオラ系しか売れない日本人の品性が終わってるんだよなぁ

  3. アルヴェルよりスマートでカッコイイと思う。それでも自分はホンダのセダンが好きなのでアコード買うけど。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー