「岐阜‐福井」4.8km無料トンネル19日開通! 2県を最短でつなぐ新ルート「冠山峠道路」とは

岐阜県と福井県を結ぶ国道417号「冠山峠道路」が、2023年11月19日に開通します。

峠越えの冬期通行止めが解消

 岐阜と福井を最短距離で結ぶ国道417号「冠山峠道路」が、2023年11月19日17時に開通します。

2023年11月19日に国道417号「冠山峠道路」が開通する(画像:国土交通省近畿地方整備局福井河川国道事務所)
2023年11月19日に国道417号「冠山峠道路」が開通する(画像:国土交通省近畿地方整備局福井河川国道事務所)

 国道417号は岐阜県大垣市を起点とし、福井県南越前町に至る延長約150kmの道路です。

 大垣市を出ると池田町を経て揖斐川沿いを北上し、上流の揖斐川町では日本一の貯水量を誇る徳山ダム(徳山湖)の横を通ります。福井県側は池田町・越前市・鯖江市・越前町を経由します。

 このうち岐阜・福井の両県にまたがる冠山峠付近は、現在、国道が途切れています。

 クルマで峠を越えるには、幅が狭く急勾配と急カーブが20km近く続く林道を走る必要がありますが、悪天候時は通れず、冬期通行止めも年間200日近くに上るといった課題があります。

 冠山峠道路は、この区間をショートカットする延長7.8kmの新しい道です。標高1256.6mの冠山の直下を長さ4834mの冠山トンネルで一気に通過し、国道の断絶区間をつなぎます。

 道路は幅員7m、2車線、設計速度50km/hで整備されます。通行料は不要です。

 岐阜県から福井県へ向かう主な道路は、これまで名神+北陸道と、東海北陸道+中部縦貫道(国道158号)の2ルートでしたが、今回、この冠山峠道路が“第3のルート”かつ最短距離のルートとして加わります。

 国道417号の揖斐川町と池田町にまたがる区間には「クラウンロード」という愛称が付けられ、豊かな自然や観光を楽しめるドライブルートとして今後PRされます。

【地図】山奥を貫通! 岐阜~福井結ぶ「冠山峠道路」開通ルートを地図で見る(24枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー