トヨタ新型「コンパクトカー」登場! “新”ハイブリッド搭載でめちゃ速くなった!? GRSも用意の新「ヤリス」西で発表に反響アリ

2023年9月にトヨタのスペイン法人は、コンパクトカー「ヤリス」の新たな2024年型を発表しました。日本でも販売されるヤリスの海外仕様車に様々な反響が集まっています。

新ハイブリッド搭載!トヨタ新「ヤリス」に反響アリ

 2023年9月にトヨタのスペイン法人は、コンパクトカー「ヤリス」の新たな2024年型を発表しました。

 日本でも販売されるヤリスの海外仕様車に様々な反響が集まっています。どのようなクルマなのでしょうか。

新パワートレイン搭載で速くなった! トヨタ新型「ヤリス」に反響アリ
新パワートレイン搭載で速くなった! トヨタ新型「ヤリス」に反響アリ

 ヤリスといえば、日本国内でかつて「ヴィッツ」として販売されていたコンパクトカーで、初代は1999年1月に登場しました。ヴィッツは2代目、3代目と登場するも2020年には販売終了。

 その後、同年のフルモデルチェンジで車名が世界共通の「ヤリス」に変更されました。なお、現行モデルはヴィッツから数え4代目にあたります。

 車名は世界共通であっても仕様は登場する地域によっても異なり、ボディサイズは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mmと、欧州市場では「アイゴX」よりも、日本市場では「パッソ」よりも一回り大きなサイズ感です。

 日本にはないヤリスの海外仕様に、「海外のワイドなヤリスのほうが好き」「一度乗ったことあるけど運転しやすかったなあ」「ほしい」など日本ユーザーからの支持を集める声が見られます。

 では、スペインに登場したヤリスの2024年型はどのような特徴があるのでしょうか。

 ヤリス2024年型モデルでは、上位グレードとなるプレミアエディションと、スポーティグレードとなるGR SPORTに、第4世代ハイブリッドをベースに電気モーター・ジェネレーターを大型化・高性能化した新たな第5世代ハイブリッドシステムの新型トランスアクスルを採用。

 また、パワーコントロールユニット(PCU)のソフトウェアとハードウェアを見直した新パワートレインを搭載しています。

 システム総合出力は116馬力から130馬力に向上したほか、トルクも141Nmから185Nmに上昇しています。

 これにより、0-100km/h加速は9.2秒を達成するほか、80-120km/h加速も7.5秒と、加速性能が進化。より力強く、ダイナミックな走行が可能となりました。

 さらに、安全性先進安全装備も追加・改良。最新世代のToyota Safety Senseを搭載し、無線ソフトウェアアップデートも組み込まれ、Toyota Safety Senseとマルチメディアシステムの機能を簡単にアップデートできるようになりました。

 新しいカメラとレーダーにより、事故リスクの検出範囲を大幅に増加。例えば、プリクラッシュセーフティシステム(PCS)は、歩行者、自転車、さらにはオートバイを含む、より広範囲の物体や車両を認識できるようになりました。

 前方車両との衝突の危険を検知した場合に急加速を抑制する「加速抑制機能」や、プロアクティブドライビングアシスト(PDA)、緊急運転停止システム(EDSS)なども追加しました。

 コネクテッド機能は、トヨタスマートコネクトシステムを全グレードに標準装備。エントリーグレードとなるSエディションは9インチのマルチメディアスクリーンが標準化されました。

 また、スマートフォンをクルマの鍵として使用できるデジタルキーも標準化し、利便性を高めています。

 スペインに登場したヤリス2024年型モデルの価格は、2万2300ユーロ(約360万円)から、新エンジンを搭載したGRスポーツは2万8050ユーロ(約453万円)から、プレミアエディションは2万9750ユーロ(約480万円)からです。

トヨタ・ヤリス のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ!” 速くなった”トヨタ新型「ヤリス」を画像で見る(36枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー