パッと見「未来」すぎ!? でも次期型「エルグランド」のヒントあり! 2024年発表? 「斬新フォルム」から読み解く日産「新型高級ミニバン」のリアルな姿とは

日産が第1回「ジャパンモビリティショー2023」に出展した斬新なデザインの高級ミニバンコンセプト「ハイパーツアラー」。現実味が薄いと見られがちなショーモデルから次期「エルグランド」の姿を大胆に読み解きます。

最先端バッテリーだけじゃない! ハイパーツアラーの4輪制御技術に注目

 2023年10月28日から一般公開された第1回「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」の日産ブースにおいて、ひときわ存在感を放っているプレミアムミニバンのコンセプトカー「ニッサン ハイパーツアラー」が「次期エルグランドの姿では!?」と期待されています。
 
 日産ブースの担当者は「直接の関係はない」と否定しますが、隠しきれない次期型エルグランドの姿も見えてきました。

「えっ…!」 これが次期「エルグランド」の姿!? 日産のプレミアムミニバンコンセプト「ハイパーツアラー」
「えっ…!」 これが次期「エルグランド」の姿!? 日産のプレミアムミニバンコンセプト「ハイパーツアラー」

 JMS2023の日産担当者は、コンセプトカーのハイパーツアラーについて次のように話します。

「完全自動運転など、いま期待されている様々な技術が実現した時代に、多人数乗車のモビリティがどうなるのかを具現化したBEV(バッテリーEV:電気自動車)のコンセプトカーです。

 デザインやインテリアの造形はあくまでデザインスタディで、特定のクルマの将来デザインではありません」

 一方で、クルマのプラットフォーム(クルマの中身のこと)は、実現性のある方法で真面目に考えているそうです。

 ハイパーツアラーは、4輪を駆動させるバッテリーとして、従来のリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」という次世代の電池を採用することが想定されています。

 全固体電池は、従来のバッテリーよりもエネルギー密度が高くコンパクトにできるうえに、電気を入出力するときの発熱が少ないため、冷却装置が不要となります。

 このため、全固体電池を床下に搭載することで、これまでよりもフロアの高さを下げることが可能となります。

 そして拡大した室内スペースを活用し、大きく快適なシートや大きなテーブルなど様々な装備をつけることができるのです。

 市販車への搭載はまだ先とされている全固体電池ですが、広い室内スペースを確保したい大型ミニバンにとっては、利便性をさらに広げることのできる技術といえます。

 ハイパーツアラーはまた、完全自動運転モードでは、前列シートを回転させて後列と対面レイアウトにすることが可能ですが、進行方向に対して後ろを向いて座ると心配されるのが「クルマ酔い」です。

 日産の担当者は次のように説明します。

「クルマ酔い対策としては、『エクストレイル』や『アリア』に搭載されている電動駆動4輪制御技術『e-4ORCE』の進化版で解決していきます。

 減速をしたときに人間が不快に感じないよう、クルマの姿勢をフラットにする制御は、すでに現状のe-4ORCEで実現していますが、今後は、コーナリング時に左右の加速度をコントロールしたり、回転の角速度を抑えるなど、駆動制御をつめていく目論見です」

 クルマ酔い対策として日産は、例えばミニバンの「セレナ」の場合、外の景色がよく見えるように後席の窓を大きくするなどの対策を施しています。

 これが将来的には、スマホやパソコンを見ていたり本を読んでいたとしても、酔わない乗り心地にすることを目標としているといいます。

【画像】「えっ…!」これが次期「エルグラ」!? 日産の「斬新」ミニバンコンセプトを画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー