マツダ新型「コンパクトスポーツカー」初公開! ロータリーエンジン&パカッと開くライト採用! 市販化の可能性と込められた思いとは

マツダは「ジャパンモビリティショー2023」でコンセプトカー「マツダ アイコニックSP(MAZDA ICONIC SP)」を発表しました。このクルマの特徴、そして、そこに込められた狙いなどは、どのようなものだったのでしょうか。

マツダの新型「ロータリー搭載コンパクトスポーツ」初公開

 マツダは10月25日に行われた「ジャパンモビリティショー2023(以下JMS2023)」でコンセプトカー「MAZDA ICONIC SP(アイコニックSP)」を発表しました。

 このクルマの特徴、そして、そこに込められた狙いなどは、どのようなものだったのでしょうか。

めちゃカッコイイ! マツダ 新型ロータリースポーツカー「アイコニックSP」
めちゃカッコイイ! マツダ 新型ロータリースポーツカー「アイコニックSP」

 JMS2023のマツダの会場にて、デザインを担当したマツダのデザイナー、高橋 耕介さんに話を聞くことができました。

 まず、名前について聞いてみれば「アイコニックとは、マツダのスポーツカーのアイコンを意味しています。SPは、スポーツとか、スペシャル、スピリッツなどの略ですね」との答え。

「デザイン的には、マツダらしさを象徴しています。マツダがいつも同じ方向を向いていて、そしてこれからも同じように作っていこうという思いを示します」と言います。

 確かに、アイコニックSPを見ていると、過去のマツダのスポーツカーを思い浮かべることができます。

 デザイナー的には、サイドの窓の後ろ側に特徴があるとか。斜めからの見え方にかつての「RX-7」を思い出すのは、そうした窓の形に理由があるようです。

 また、「ヴィオラ・レッド(VIRLA RED)」というソリッドな赤のボディカラーは、初代「ロードスター」をイメージさせてくれます。これもマツダ・スポーツの香りがする理由ではないでしょうか。

小さなリトラクタブルヘッドライトは「ワクワクするから」というのが採用した理由だとか。

 また、デザイナーである高橋さんはサイズにこだわったといいます。

「全長が4.2mを切る、ライトウェイトスポーツカーにしたいと考えました。タイヤサイズは、あえて19インチに。これくらいのサイズのクルマなら、それほど高くならないはずです。

 つまり、ちょっと頑張れば誰もが手に入る価格になってほしいですね」と高橋さん。

 アイコニックSPのサイズは全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm。これは現在の「ロードスター」の全長3915mmよりは大きいものの、トヨタ「GR86」の4265mmや、かつてのマツダ「RX-7(FD型)」の4280mmより小さいという寸法です。

 確かにこのサイズ感であれば、1000万円級のスーパースポーツではなく、普通の人も手に入る価格帯に納まりそうです。

【画像】超カッコいい! マツダ”新型ロータリースポーツカー”「アイコニックSP」を画像で見る(50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 最近自動車の情報を見ていると、カタカナ表記の表現に戸惑う。
    コンパクトスポーツ、全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm
    このサイズは、コンパクトじゃないと思うのが間違っているのかな?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー