マツダ「RX-7」次期モデル登場に期待! 美しすぎる「新型ロータリースポーツカー」世界初公開! 次世代「魂動デザイン」の凄さとは

マツダはコンパクトスポーツカーコンセプト「アイコニックSP」を世界初公開しました。低重心な2ローターのロータリーエンジンを積んだEVで、そのパッケージを活かした美しいプロポーションが目をひきます。

ロータリーEVシステムを搭載した新型スポーツカーコンセプト

 マツダは2023年10月25日、コンパクトスポーツカーコンセプト「MAZDA ICONIC SP(マツダアイコニック エスピー、以下アイコニックSP)」を世界初公開しました。
 
 第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023:JMS2023)」会場でお披露目されたアイコニックSPは、また新たなデザイン性をみせますが、その狙いについて話を聞きました。

シンプルな「美しさ」に驚く! マツダ 新型ロータリースポーツカー「アイコニックSP」
シンプルな「美しさ」に驚く! マツダ 新型ロータリースポーツカー「アイコニックSP」

 アイコニックSPのボディタイプは、2人乗りのクーペです。

 ボディサイズは、全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm、ホイールベース2590mm。車両重量は1450kgで、コンパクトなボディを特徴とします。

 パワートレインは、水素など様々な燃料を燃やせる拡張性の高いロータリーエンジンを活用した「2ローターRotary-EVシステム」を搭載し、最高出力は370PSを発揮します。

 カーボンニュートラル燃料で発電するとともに、搭載バッテリーも再生可能エネルギー由来の電力で充電すると、実質カーボンニュートラルでの走行が可能です。

 JMS2023のマツダブースで初公開されたアイコニックSPを目の当たりにすると、シンプルかつ滑らかなフォルムが印象的です。

 これまでマツダでは、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載したクーペのコンセプトカーとして、2015年の「東京モーターショー」に「RXビジョン」を出展しています。

 当時マツダが提案したFRスポーツカーコンセプトは、次世代ロータリーエンジン搭載という点で話題を呼びましたが、美しいスタイリングについても、国内外で高い評価を集めました。

 それから8年が経過し、新たに登場したロータリーエンジン搭載のアイコニックSPに込めた狙いとは、どこにあるのでしょう。

 プロトタイプモデルや量産先行デザインなどを担当する、マツダ デザイン本部 アドバンスドデザインスタジオの部長 兼 チーフデザイナー、岩尾 典史氏に話を聞きました。

「アイコニックSPは、マツダの未来のかたちを示しました。

 車名は文字通りマツダの象徴(アイコニック)を指し、SPは“スピリット”そして“スポーツ”を意味しています。

 これまでのコンセプトカーのように“●●ビジョン(VISION:未来像)”とはせず、将来EV時代になっても、スポーツカーのデザインがマツダのアイコンとして皆に受け入れられ、みんなが運転を楽しんで欲しいという想いが込められているのです」

【画像】「えっ…!」めちゃカッコいい! マツダ「新型ロータリースポーツカー」を画像で見る(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. あくまでこの車は”ロータリーエンジンを積んだEV”であってあくまでロータリーエンジンは発電機と言うことを忘れてはいけない。
    まかり間違ってRX-7みたいにアクセルに合わせてエンジンがぶん回ることは、ほぼないと思った方がいいのだろうな。
    MX-30の時も勘違いしていた人間も多かったと思うけどな。

  2. 新しいマツダのコンセプトカーは大きな車でも良さそうなデザインです!
    車を大きくするとデザインが味気なくなるものなのですけど、今回のマツダコンセプトはスーパーカーの威風があります!
    どうせなら、マツダのスーパーカーを見てみたい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー