スバルが新型「スポーツセダン」初公開へ! カッコ良すぎる“黒レカロシート”採用!? 新型「WRX TR」米で10/7に登場!

スバルの米国法人が2023年10月7日に初公開する予定の新型「WRX TR」に関して、新たなティザー画像が同社のSNSに投稿されました。

ブラックのレカロ―シートをチラ見せ!

 米国スバルは、間もなく初公開する予定の新型「WRX TR」に関して、新たなティザー画像を同社のSNSに投稿しました。
 
 スポーツセダンのWRX(2024年モデル)に設定される「TR」という新仕様は、2023年10月7日(現地日時)に米・フロリダで開催される「スビーフェスト」というスバルオーナーが集まるイベントでお披露目されるといいます。

新型「WRX TR」に装着されるレカロシート
新型「WRX TR」に装着されるレカロシート

 すでにホイールまわりを写したティザー画像が公開されていますが、ブレンボ製の赤いブレーキキャリパーが装着されることほか、ガンメタのホイールも新たな意匠を採用しているようです。

 今回は内装の画像を投稿。シートは赤いステッチが施されたブラックの「レカロシート」が装着されます。

 米国スバルはWRX TRについて「よりシャープでエンスージアスト向けのWRX」だと説明しており、ブレンボ製のブレーキやレカロシートが採用されたスポーティなモデルとなるのではないでしょうか。

※ ※ ※

 もともとWRXは「インプレッサ」のスポーツグレードとして誕生。2014年にインプレッサから独立したモデルとなり、現在は2021年に全面刷新が発表された2代目モデルで、国内では「WRX S4」の車名で展開されています。

 国内のWRX S4は、2023年9月7日に一部改良モデルを発表。ステレオカメラと広角単眼カメラを搭載した先進安全機能「新世代アイサイト」および「アイサイトX」が標準装備されます。

 また、新機能となるフロントビュー自動表示(AUTOモード)を採用した「マルチビューモニター」や、11.6インチの「センターインフォメーションディスプレイ」の表示画面を拡張、ハーマンカードンサウンドシステムを「STIスポーツR EX」グレードに標準装備するなど、安全性能と快適性が向上しました。

 エクステリアは、これまで現行モデルでは設定がなかった「大型リヤスポイラー」が「STIスポーツR EXグレード」にメーカーオプションで用意されます。

【画像】「えっ…!」これ絶対カッコいいヤツ! 新型「WRX TR」画像を見る(33枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 正直、2019年にWRX(MT)最終モデルを新車で買って良かった。
    当時もリヤフォルムに悩んでいたが今は後悔無くすっきりしている。
    あくまで個人的感想ですが、最近のはFR共に形状が受付けない。
    インプは平成中期のたれ目以降を好んで乗っていた。
    多分今後のインプ、レヴォーグ、BRZ、WRXからは離れると思う。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー