トヨタが「AE86」で爆走勝負!? 100m加速で2台のハチロクが激アツバトル、なぜ? ガソリン車とBEVはどっちが速いのか

長距離だったらどうなる? 0-400m対決が急遽決定

 2本目も0-100m勝負が行われ、今度は土屋圭市氏のマメ号が勝利しますが、若干フライングだったような感じもありました。

 すると3本目の勝負を行うことに。今度は、「初速ではBEVのほうが速いが、距離が長くなればガソリン車が速い」とのことで、ここでも豊田章男会長の鶴の一声により、急遽0-400m(ゼロヨン)対決が行われることになりました。

ドリキン・マメ号と電気ハチロクが対決!
ドリキン・マメ号と電気ハチロクが対決!

 3本目のゼロヨン対決では、最初こそBEVがリードしますが、後半ではマメ号が伸びを見せて見事に勝利を収めました。

 クルマから降りてきた土屋圭市氏は豊田章男会長に対して「ありがとうございます。面目を保てました」と深々とお礼。

 一方の佐々木雅弘選手は「来年はバッテリーを大きくして勝負したい」と伝えると、豊田章男会長も「来年はバッテリーを大きくしたBEVと進化マメ号で勝負しましょう!」と、今後も2台の対決が実施されることになりそうです。

 AE86 BEVコンセプトを開発している、レクサス LE開発部主任の新居謙治氏は次のようにいいます。

「この勝負をやると聞いた時から、ワクワクが高まって楽しみに待っていました。0-100mは高トルクで勝てましたけど、0-400mになると馬力はマメ号のほうがある分速かったです。

 今のBEVはオートサロンで発表した時から、バッテリー容量も増やして馬力も130馬力程度が出ていますが、0-400mでも負けないようにするための楽しみと宿題が増えました。

 あまり重たくするとAE86の良さがなくなってしまうので、その辺のバランスを考えないといけないですね」

 AE86 BEVコンセプトのドライバーを務めた佐々木雅弘選手は「トルクがあるEVなので0-100は勝てましたけど、馬力が必要となる0-400では負けてしまいました。来年リベンジです」と語ります。

 また、土屋圭市氏は「0-100はBEVの速さにビビったよね。400はこちらのギアが伸びるので勝てたけど0-100はビビったよ。来年はBEVが強くなるかもしれないからどうしようかね」と困惑。

 さらに、「40年前の車で現在に蘇らせてくれて、ありがとうといいたいです。トヨタには夢があるよね。40年前の車を知らない子供でも楽しめるこういう取り組みは良いこと。86が生まれたことによってこういうことができる。

 トヨタ86もGR86も40年後にはAE86みたいになっているかもしれない。こういう楽しみがずっと続いていってもらえると良いよね」と笑顔で語って対決を締めくくりました。

【画像】「えっ…!」速い! 電気で走るハチロクが存在!? 画像を見る(30枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 日産がやってるR32_EVとRB26積んだ32Rの対決も見てみたい。FRベースのe4ORCEとかやってくんねぇかなぁ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー