「マジ…」高速道路が無料化! 家の近くの場所も? 全国各地にある無料区間なぜ存在? 気づかず通行してる場合も

有料道路とは、文字通りお金を払って通行する場所ですが、条件によっては、無料開放されることもあります。では、2020年以降に無料化された道路はどこなのでしょうか。

高速道路の無料区間はなぜ存在するの?

 高速道路は料金を払うのが当たりまえと思いがちですが、全国には無料で利用できる高速道路もあります。
 
 それはどのような区間でしょうか。いったいなぜ高速料金が要らないのでしょうか。

全国の高速道路には無料区間が存在する、なぜ?(画像提供:NEXCO東日本)
全国の高速道路には無料区間が存在する、なぜ?(画像提供:NEXCO東日本)

 日本の高速道路は、距離や区間に応じて料金を支払います。

 道路の建設費を利用者が負担するという格好ですが、費用がまかなわれて無料解放される予定は2065年です。

 一方で、全国の高速道路の中には、無料で走行できる道路があります。

 では、なぜこのような無料区間が存在するのでしょうか。

 それは、2003年の小泉政権下で行われた道路民営化が関係しています。

 当時、道路公団が民営化し、現在のNEXCO3社などの高速道路会社が発足しました。

 その際に当然ですが、大都市など多くの利用者が期待できる区間だけでなく、採算がとれない区間も高速会社は引き継ぐことになります。

 そこで、維持管理が難しい区間については、高速道路会社ではなく国と自治体が道路建設費用を負担する制度が施行されました。このように道路を整備する手法を「新直轄方式」といいます。

 現在みられる無料区間は、ほとんどが新直轄方式で建設された道路です。

 高速道路会社を通さず国と自治体が税金で道路建設費用を負担するため、利用者は料金を支払う必要がないというわけです。

※ ※ ※

 なお、ほとんどの無料区間にはサービスエリアやパーキングエリアなどの休憩施設がみられません。

 その代わり、インターチェンジの近くに道の駅が設置されていることが多いようです。

【画像】「えっ…!」全区間無料の高速道路がある? どこ? さらに意外な場所も? 写真を見る!(61枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー