日産が新型「スカイライン」発表! 唯一の「4ドアセダン」に「走りのNISMO」理由は? 9月発売へ

「GTカーの資質」を追求した走行性能は?

 2023年7月に、新型スカイラインNISMOを日産のテストコースで試乗してみました。

 パワートレインは3リッターV型6気筒ツインターボエンジンに7速ATを組み合わせ、FRという基本設定に変更はありませんが、最大出力420馬力・最大トルク550Nmの高性能を発揮します。

 ベースとなったスポーティグレード「400R」を比較すると、15馬力・75Nmの大幅な出力向上を実現しました。

 エンジン本体のパワーアップに加え、NISMO専用のATシフトプログラムにより、高速道路の追い越しやゆるやかな登り坂などでトルクを有効に使えるよう、低い回転数で大トルクを発揮するようにセッティングされています。

 テストコースの登り坂コースではアクセルを踏み増したり、シフトダウンするといったことをせずスムーズに加速することができます。

「スカイライン」を愛す人に捧げられる
「スカイライン」を愛す人に捧げられる

 また、専用開発タイヤは400Rよりもリアを20mm拡幅してグリップ力を高めるとともに、軽量・高剛性を両立したNISMO専用19インチホイールを装備。

 加えて、サスペンションとスタビライザーに専用チューニングを施すことで、旋回時にロールを抑えつつも起伏のある路面で追従性を保ち、限界域まで安心して走行することが可能となりました。

 テストコースではさまざまな起伏が再現された路面とともに、大小それぞれのコーナーが設けられ、低速から高速までの幅広い速度域で走行性能を確認できるようになっています。

 スカイラインNISMOでは、これらの専用チューニングにより前席・後席ともに乗り心地を悪化させることなく、俊敏で軽快なハンドリングを実現しています。パイロンを等間隔に設けたスラローム路においても、揺り返しの少なくキレの良い動きを可能としています。

 その他、耐フェード性に優れる摩擦材を使用したブレーキや、ABS・VDCなどの制御も最適化することで、コントロール性の向上を図り、サーキットでの使用にも耐えうる電子制御としています。

 インテリアでは黒基調とすることで落ち着いてドライビングできる空間を実現。ドライバーシート周りでは280km/h表示のメーターやレッドリングのタコメーターを採用し、走行性能の高さを予感させています。

 オプションで用意されるブラックのレカロ製スポーツシートはセンターに赤いアクセントカラーを配置。ヘッドレスト一体のバケット形状により、急旋回時のホールド性を確保したといいます。

 先程のスラローム路においても、ステアリングの保持や視線、ドライバーの荷重が過度に移動することなく、安定した操作を実現していました。

 一方で、座面は体圧を分散する構造によって、バケットシートにありがちな硬すぎるものではなく、あくまでもGTカーとしての性質を持たせているため、長時間の乗車においても疲れにくいという快適性も両立しています。

 エクステリアは「GT-R NISMO」(2024年モデル)や「フェアレディZ NISMO」など、最新のNISMOロードカーのデザインを取り入れつつ、赤いGTバッジや歴代スカイラインをオマージュした意匠を各部に取り入れたNISMO専用エアロパーツを装備しています。

 専用エアロパーツは重量増加を抑制しつつも、空力性能やラジエーターの冷却性能などの実用性も考慮されたデザインとなっています。

 これらの専用内外装によって特別感を演出すると同時に、スカイラインの集大成であることを視覚的に示した仕上がりとなりました。

 新型スカイラインNISMOは1000台限定販売で、価格は788万400円。9月上旬に発売予定です。

 なお、スカイラインNISMOをさらに特別に仕立てた「LIMITED」を100台限定で2024年夏に用意する予定で、匠による手組みの高精度エンジンや職人による手作業で貼付したデカールなどがあしらわれています。こちらは947万9800円です。

※ ※ ※

「ドライビングプレジャー」を追求し、多くの自動車ファンを増やしたスカイラインの“集大成”として、ユーザーにどのように受け入れられていくか、注目が集まります。

日産・スカイライン のカタログ情報を見る

【画像】オーラが違う! これが「特別な」スカイラインです! 画像で見る(33枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2 3

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

6件のコメント

  1. 相変わらずフロントブレーキキャリパーは車軸より前だね。設計者は「重量配分」って言葉は知っているのかな?

    • 変更されずずっとそのままってことはそれで問題無いってことだろ。少なくとも一般人やマニア、そしてあんたみたいな難癖つける奴よりはクルマについてよく知っていると思うぞ。

    • そもそも論で言えばこの車はあくまでインフィニティQ50だし、モデル末期でいつモデルチャンジしても不思議ではない車だから大規模な変更はできないだろうな。
      ただ「スカイラインの原点」ってなんぞや?とも思うけどな。
      いい車ではあるがあくまで高級ブランド車のインフィニティQ50のバッチ変更の車でしかないわけで、迷走中だったR31を原点にしているのか?と思うけどな。

    • どの車のフロントキャリパ-はフロント側についてますが、何か不都合でもあるんですか?重量配分どうのこうの言ってますが、ロータ-を止めるのはあの位置がベスト

    • GTRも新型Zもみんな出た時から前だが、不都合が問題になったことはただの一度もないけどな。

  2. まだ買える年齢じゃないけど、すごくかっこいい
    セダン無くならないで欲しいなぁ

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー