なぜ警察は「レッカー」しなかった? 市民が大混乱… 路上駐車で約2キロの渋滞が発生!? 複雑な事情とは

2023年6月16日の午前、石川県金沢市において通勤・通学時間帯に路上駐車が原因の渋滞が発生し、市民に大きな影響を与えたと報じられました。

昔はたくさんレッカーされていたが・・・今は難しい?

 先日、石川県金沢市において通勤・通学時間帯に路上駐車が原因の渋滞が発生し、市民に大きな影響を与えたと報じられました。
 
 路上駐車をしたクルマには駐車違反のステッカーが貼られていましたが、渋滞が発生する前にレッカー移動をすることはできなかったのでしょうか。

駐車禁止区間に停車しているクルマ(画像はイメージ)
駐車禁止区間に停車しているクルマ(画像はイメージ)

 2023年6月16日の午前、石川県金沢市片町2丁目を走る国道157号上に1台のクルマが路上駐車したことが原因で約2キロの渋滞が発生し、通勤や通学中の市民に大きな影響をおよぼしたとニュースで報じられました。

 現場は片側2車線に加えて右折レーンがある道路で、午前7時30分から午前9時までは左端の車線がバス専用レーンとして運用されています。

 クルマがこのバス専用レーンに路上駐車していたため路線バスがクルマを避けて通行しなければならず、他の通行の妨げになったことで渋滞につながったとみられます。

 路上駐車をしていたクルマのフロントガラスには「駐車違反」の黄色いステッカーが貼られており、警察も路上駐車のクルマがあることを把握していたようですが、通勤や通学時間帯に渋滞することを想定して事前にクルマをレッカー移動することはできなかったのでしょうか。

 今回、管轄の金沢中警察署は取り締まりの経緯を明らかにしていません。

 しかし、クルマをレッカー移動しなかった理由についてはいくつか推測できます。

 まず、「クルマの所有者と連絡がつかなかった、あるいは連絡に時間を要した」ということが考えられます。

 石川県警は違法駐車に対しては所有者に連絡をとって移動をうながすのが通常の手順と説明していますが、取り締まりをおこなった時間が深夜や早朝の時間帯であればクルマの所有者と連絡が取れないケースも多々あります。

 仮に所有者と連絡が取れても、所有者とは別の人がクルマを使用していることがあり、クルマを移動させるまでに時間がかかってしまう場合もあるようです。

 また、「駐車違反を取り締まった時点ではレッカー移動の必要性がなかった」可能性も考えられます。

 違法駐車のレッカー移動に関しては道路交通法第51条に規定があり、クルマの運転者が現場にいない場合には警察官などが「道路における交通の危険を防止し、または交通の円滑を図るため必要な限度において」クルマを移動させるといった措置がとれると定められています。

 逆を言えば、駐車違反の取り締まりをおこなった時間が深夜・早朝で交通量が少なく、事故や渋滞などが発生しにくい状況であればレッカー移動は難しいともいえます。

 現場は片側2車線に加えて右折レーンのある道路で他のクルマが全く通行できない状態とはいえないため、駐車違反のステッカーを取り付けるという措置にとどめたのかもしれません。

【画像】これが貼られたらアウト!? 駐車違反の黄色い紙ってどんなもの?(17枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 「駐車禁止区間に停車しているクルマ(画像はイメージ)」この画像要りますか?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー