レクサスが新「最上級クーペ」実車公開! 美し過ぎるフラッグシップモデル! 迫力リアウイングの「EDGE」って何? 特徴は?

2023年6月8日にレクサスが発表したフラッグシップクーペ「LC」の特別仕様車「EDGE」はどのような点が特徴なのでしょうか。

走行性能を大幅に高めた「LC EDGE」の特徴は?

 レクサスは2023年6月8日、フラッグシップクーペ「LC」を改良するとともに、特別仕様車「EDGE(エッジ)」を発表しました。
 
 改良を実施したLC標準モデルよりもさらに高い走行性能を実現したと言いますが、どのようなポイントに手を加えたのでしょうか。

60台のみ用意される特別な「LC ”EDGE”」
60台のみ用意される特別な「LC ”EDGE”」

 LCは、2017年に発売したレクサスのフラッグシップクーペ/オープンカー(コンバーチブル)で、独創的なデザインや優れた走行性能を実現し、レクサス全モデルの乗り味を方向づけているモデルです。

 今回の改良では、エンジンマウントの変更やリアサスペンション部の補強、従来のナットからボルトへホイールの取り付け方法を変更するなど、乗り心地と操縦安定性の向上を図っています。

 また、機能面では12.3インチのタッチディスプレイとともにパノラミックビューモニターや先進運転支援「レクサス セーフティ システム+」の拡充も図りました。

 改良について、LCチーフエンジニアを務める武藤 康史氏は以下のように話します。

「今回、全体を通して1番やりたかったのはLC500 コンバーチブルの『トンネルブレース追加、床下ブレース補強』でした。これにより剛性や振動といった部分は大きく改善されています。

 もうひとつはパノラミックビューモニターの採用です。LCはラグジュアリークーペということもあり、やはり日常でも扱いやすいという部分も重要な要素でした。

 最後はやはり他のレクサスモデルでも採用しているホイールのハブボルト化で、これは走りの質が大きく向上しました」

 この改良とともに登場したのが60台限定のEDGEです。

 開発コンセプトは「より鋭く、より優雅に」。内外装から走行性能に至るまでスポーティさに磨きをかけて登場しました。

 エクステリアでは、専用色の「HAKUGIN(白銀)」を採用。光と影が織りなす静寂の銀世界から着想を得たと言います。実車を見るとフラッグシップモデルらしい威厳を高めつつも、引き締まった印象も与えます。

「クリア塗装のなかに艶消し剤の粒子を入れて、全体的にコーティングしています。

 一般的なマット塗装とは工程としては大きい違いはありませんが、ホワイトの場合塗装のアラが目立ってしまい、塗装粒子のコントロールが難しく、生産時点でも難易度の高いものです」(武藤氏)

 フロントグリルやドアミラー、ヘッドライト下部などはグロスブラック加飾とし、21インチホイールも合わせてマットブラック仕上げにすることで、走りへのストイックさとブラック・ホワイトのコントラストが映え、精悍な印象を与えています。

 また、空力性能向上のために一体成形カナード付きフロントバンパーと固定式リアウイングを装備しています。

 このカナードについて、先出の武藤氏は世界初の樹脂成形技術を採用したと言います。

「カナードはフロントバンパーに別途装着するタイプのものではなく、バンパー素材に裏側から専用金型を押し当て、バンパー自体をカナード形状に変形させています。

 これにより、空力性能だけでなく、つなぎ目のないスムーズなデザインを両立しました」

 リアウイングは軽量のCFRP素材を用いたもので、取り付け剛性についても計算されたものだということです。

「最大限まで空力性能を確保するために、リアフェンダー近くまで回り込ませることで長さを確保しました。

 長さが必要なぶん台座も内側に寄せ、片持ちとなってしまうため素材自体も剛性の高いCFRPを採用しました」(武藤氏)

 テールにかけてなだらかなラインをえがくトランクに、サイドまで回り込んだリアウイングがグッとスポーティな印象へと変化させています。

【画像】存在感スゴい! 美しすぎるスポーツモデル「LC EDGE」を画像で見る(84枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー