通行無料で5km延伸! 山陰道「大田・静間道路」2023年度開通へ 石見銀山も近くなる!

国道9号バイパスの「大田・静間道路」が、2023年度に開通する予定です。山陰道に組み込まれるこの道路は、どのようなルートなのでしょうか。

国道9号の代替路に

 島根県内で建設が進む「大田・静間道路」が、2023年度に開通する予定です。どのような道路なのでしょうか。

山陰道「大田・静間道路」久手跨線橋(仮称)付近の施工状況。2023年2月撮影(画像:国土交通省中国地方整備局)
山陰道「大田・静間道路」久手跨線橋(仮称)付近の施工状況。2023年2月撮影(画像:国土交通省中国地方整備局)

 大田・静間道路は、大田市の久手町刺鹿(大田中央・三瓶山IC)から静間町(静間IC、仮称)までを結ぶ延長5.0kmの自動車専用道路です。国道9号のバイパスであるとともに、山陰道を構成します。

 その山陰道は、鳥取県鳥取市から山口県下関市に至る計画の高規格幹線道路です。日本海沿いを東西に走ります。

 全長約380kmのうち計208km(2023年4月現在)が開通していますが、その区間は途切れ途切れであり、さらに事業主体が細かく分かれていることから有料と無料の区間が入り混じる形となっています。

 大田・静間道路は2006年3月に都市計画決定し、2012年度に事業着手。国土交通省が整備を進めており、道路は2車線・通行無料で開通する計画です。

 並行する国道9号(現道)は周辺地域の東西を結ぶ幹線道路ですが、近くに代替となる幹線道路はありません。大田・静間道路はそのような国道9号の代替路になるとともに、県内の東西連携強化に寄与することが期待されています。

 なお、静間町から西側も「静間・仁摩道路」として同様に建設が進んでおり、2023年度に全長7.9kmが開通する見込みです。

 大田・静間道路と静間・仁摩道路が開通すると、山陰道は出雲市の出雲多伎ICから大田市の石見福光ICまでの無料区間40kmが1本につながります。出雲地域から石見銀山や温泉津温泉方面のアクセスが向上します。

【地図】島根縦貫! 山陰道のルートを地図で見る(16枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー