ポップな「レモン色内装」採用の「洗練デザイン」コンパクトカー登場! アウディ最人気モデル「A3」シリーズに限定車設定 455万円から

アウディジャパンは2023年4月17日、コンパクトモデル「A3」シリーズに限定車「new urban style」を設定して発売しました。

アウディの人気コンパクトに限定車登場

 アウディジャパンは2023年4月17日、コンパクトモデル「A3」「A3セダン」に限定車「new urban style(ニューアーバンスタイル・以下限定車)」を設定し、同日より発売しました。
 

アウディの人気コンパクトに限定車登場
アウディの人気コンパクトに限定車登場

 アウディ「A3」シリーズは1996年に登場したコンパクトカーで、当初はアウディ最小モデルとしてデビューしました。現在では同社のラインナップのなかで最も人気のモデルだといいます。

 2014年からは5ドアハッチバックモデル「スポーツバック」に加え、4ドアセダンモデルも登場しています。

 現行モデルは4代目で、日本では2021年4月から販売。最新のアウディモデルに共通するワイドなシングルフレームグリルとエッジの効いたLEDヘッドライトなどが装備されるほか、リサイクル由来の内装素材の採用やマイルドハイブリッド車が設定されています。

 今回発売された限定車は、最高出力110馬力・最大トルク200Nmを発揮する1リッター「TFSI」エンジンと48Vバッテリーに、7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせるマイルドハイブリッドモデル「A3 30 TFSI advanced」がベースとなっています。

 エクステリアは、限定車専用色「パイソンイエローメタリック」に加え、通常モデルに設定されているオプション色「ナバーラブルーメタリック」「グレイシアホワイトメタリック」「マンハッタングレーメタリック」の計4色が選択可能で、ダブルスポークデザインの17インチアルミホイールを特別装備することでスタイリッシュで落ち着きのあるイメージを表現。

 インテリアにはナチュラルウッドパネルを装備し、シートには最大89%がリサイクル原料から製造される素材を利用。シート色はイタリアのレモンリキュールをイメージした「リモンチェッロ」カラーが採用されています。

 さらにシートサイドとヘッドレストにはスチールグレーのアーティフィシャルレザー素材を用い、イエローステッチを施してコントラストを効かせファッショナブルな空間を演出したといいます。

 機能装備では、フロントシートヒーターやアダプティブクルーズコントロールや渋滞アシスト、リアクロストラフィックアシストなどを含む「コンビニエンス&アシスタンスパッケージ」と、MMIナビゲーションシステムなどの「ナビゲーションパッケージ」の2つの人気オプションを標準装備としました。

 A3ニューアーバンスタイルの価格(消費税込)は、スポーツバックが455万円、セダンが477万円に設定され、全車FF・右ハンドル車のみが用意されます。なお、スポーツバックは500台、セダンは250台限定となっています。

アウディ・A3セダン のカタログ情報を見る

【画像】「鮮烈イエロー」も設定! ポップでオシャレなアウディ「A3」限定車を画像で見る(16枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー