“パカッ”と開くライト採用!? マツダ“次期型”「ロードスター」をカーデザイナーが大胆予想! 開発車両や“匂わせ”コンセプトモデル登場に期待高まる新モデル予想CGを公開

マツダが世界で展開する2シーターオープンカー「ロードスター」ですが、その次期型モデルを匂わせるコンセプトモデルや開発車両が登場し、その存在に期待が高まっています。そんな中、カーデザイナーのジムコザ氏は、次期型ロードスターの予想CGを作成しました。

次期型ロードスター登場に期待が高まっている!

 マツダが世界で展開する2シーターオープンカー「ロードスター」。次期型モデルのテストミュールと思われる車両が目撃されたり、2022年11月22日に公開された「ビジョンスタディモデル」が次期型ロードスターなのではないかと話題になるなど、新型モデルの登場に期待が高まっています。

 そんな中、話題の次期型「ロードスター」のエクステリアデザインを、現役カーデザイナーでユーチューバーの「ジムニーとコザクラインコとポルシェ(以下ジムコザ)」が予想し、イメージCGを公開しています。

ジムコザが予想したマツダ次期型「ロードスター」(Photo:ジムニーとコザクラインコとポルシェ)
ジムコザが予想したマツダ次期型「ロードスター」(Photo:ジムニーとコザクラインコとポルシェ)

 初代ロードスターは1989年、当時マツダが国内展開していたブランド「ユーノス」から登場した2シーターオープンカーです。

海外では「MX-5」「MX-5ミアータ」などの名前で呼ばれていました。

 その後2015年に登場した4代目となる現行型(マツダ ロードスター)は、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用。人がクルマを楽しむ感覚の深化に徹底的に取組み、「人馬一体」の楽しさが追究されています。

 デビューから8年が経過し、SNSなどでは「そろそろフルモデルチェンジも近いのでは」と噂する声も聞かれます。

 実際前述の通り、国外で現行型をベースにワイドフェンダー化されたテスト車両が目撃されたり、2022年11月22日にマツダが行った「中期経営計画のアップデートと2030年に向けた経営の基本方針」の発表においてロードスターのような形状を持った2ドアクーペのコンセプトモデル「ビジョンスタディモデル」の画像が公開されるなど、次期型ロードスター登場に向けたとも見える動きがあります。

 そんな中、ユーチューバーのジムコザは、次期型ロードスターの予想イメージCGを作成、自身のユーチューブチャンネルで公開しました。

 ジムコザは作成した予想イメージCGについて「“夢”をみてかいている部分もあるので、これが実現するという自身があるわけではないが、ワクワクするデザインを描いた」とコメントしています。

 作成された次期型ロードスターの予想イメージCGでは、マツダ「RXビジョン」を縮小化したようなフロントフェイスを採用。また、ビジョンスタディモデルで予想されたリトラクタブルヘッドライトも採用し、往年の伝統を再現しています。

※ ※ ※

 ジムコザが作成したCGは非公式のレンダリングであり、実際の次期型ロードスターを示すものではありませんが、これまでに登場したコンセプトモデルのデザインや情報を参考にしており、同様の要素が新たに登場するかもしれないロードスターに適用される可能性を完全には否定できません。

 様々な憶測が飛び交う次期型ロードスターですが、現在マツダからわずかなコメントや情報がイベントの場などで聞かれるものの、登場の時期などについて公式なリリースなどは有りません。続報が待たれます。

マツダ・ロードスター のカタログ情報を見る

【画像】こんなデザインで出てほしい! マツダ“次期型”「ロードスター」予想CGを画像で見る(70枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント