「MTじゃないとイヤ!」マニュアルシフト設定が今も残る「絶滅危惧種」軽自動車 3選

シフトやクラッチ操作が必要なMT(マニュアルトランスミッション)車が姿を消しつつありますが、そんななかで今も残っている希少な「軽乗用車のMT車」3選をお届けします。

MTが楽しめる軽自動車はもはや「激レア」な存在だった

 MT(マニュアルトランスミッション)車は、今や希少な存在となり、シフトやクラッチペダルの操作を楽しめることも少なくなりました。なかでも軽乗用車のMT車は、すでにほとんど残っていません。
 
 今回は、今も残る「超激レア」なMT車のある3モデルを紹介します。

操る楽しさ! スズキの軽4WD「ジムニー」に残る貴重な5速マニュアルトランスミッション(MT)
操る楽しさ! スズキの軽4WD「ジムニー」に残る貴重な5速マニュアルトランスミッション(MT)

●ダイハツ「コペン」

 ダイハツの軽スポーツカー「コペン」は、電動ハードトップのオープンスタイルをもつ唯一の軽自動車です。現行型(2代目)は2014年に登場しました。

 フロントに搭載されるエンジンは660ccの直列3気筒DOHCターボで、CVT車に加え5速MT車の設定があります。

 ダイハツによると、MT車の販売比率は全体の3割ほどを占めているといい、根強いMTニーズに支えられていることがわかります。

 2代目コペンの特徴は、「D-Frame(ディーフレーム)」と呼ばれる骨格構造です。

 外板を取り外し容易な樹脂パーツとし、外装デザインの変更を可能としたことで、「Robe(ローブ)」を基本に、クロスオーバースタイル「エクスプレイ」、初代譲りの丸目ヘッドライトを備えた「セロ」、さらにトヨタとの共同開発による「GR SPORT(ジーアールスポーツ)」と、4つのまったく異なるスタイルをラインナップ。

 さらに2018年には、200台限定のハードルーフモデル「コペン クーペ」も発売するなど、多彩な形態の違いも2代目コペンの見どころといえます。

●スズキ「ワゴンR」

 スズキ「ワゴンR」は、ターボエンジンを積むスポーツモデルではない「普通の軽ハイトワゴン」として唯一の5速MT設定車です。

 パワートレインは、660ccの自然吸気(ノンターボ)エンジンのみの設定です。

 この貴重なMT車は、新シリーズ「ワゴンR カスタムZ」を追加した2022年8月のマイナーチェンジ時も存続しています。

 5速MT車は当初、最廉価版「FA」グレードに設定されていましたが、マイナーチェンジでグレード整理されたことでFAが廃止。5速MT設定がもともと中間グレードだった「FX」へ移行しています。

 マイナーチェンジに伴いグレードが上がったことで、新型からはFAグレードにはなかったタコメーター(回転計)が装備されるようになったのは見逃せない変更点といえます。

 自然吸気エンジンのパワーを最大限引き出すためにも、回転数にあわせてシフトチェンジするのはMTの楽しみのひとつといえ、MT派にとってはうれしい改定となりました。

 なおスズキによると、ワゴンRのMT車比率は約1割弱(ワゴンRスマイルを除いたシリーズ中の割合)だといい、一定の根強い需要で支えられていることがわかります。

●スズキ「ジムニー」

 スズキ「ジムニー」は、世界でも類を見ないほどの高い悪路走破性を誇る軽四輪駆動車です。

 現行型は2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジを実施した4代目。「スズキ セーフティ サポート」などの先進運転支援機能も追加され、近代化を果たしました。

 一方で、専用のラダーフレームと縦置きエンジン+FRレイアウト、副変速機付パートタイム4WD、リジッドアクスル式サスペンションという、軽自動車唯一の本格的な組み合わせを維持しています。

 ボディタイプは3ドアのみの設定。エンジンも660ccターボのみで、トランスミッションは、4速AT(オートマチックトランスミッション)と5速MTの2タイプから選択可能です。スズキによれば、MT車比率は約2割だといいます。

 デビュー5年目を迎えましたが、今も長い納車待ちとなるほどの根強い人気を維持し続けています。

 なお1月には、インドでジムニーの5ドア仕様が新たに発表され話題となりました。こちらは1.5リッターのエンジンを搭載した小型乗用車版「ジムニーシエラ」がベースで、3ドアモデルに対し全長が340mm延伸されています。

 新型ジムニー5ドアに関して、日本での発売予定に関するスズキからの正式発表はありませんが、今後の展開に期待をかけたいところです。

※ ※ ※

 2023年3月現在、軽乗用車のMT車はこのほかに、ホンダ「N-ONE」のターボモデル「RS」に6速MTの設定があるのみと、非常に寂しい状況です。

 AT車の普及率から考えても、今後MT車が新設定されることは考えにくく、しばらくは上記のモデルで細々と継続されていくものとみられます。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・ワゴンR のカタログ情報を見る

ダイハツ・コペン のカタログ情報を見る

【画像】3ペダルで走るのは「スポーツ」だ! MTが残る軽自動車を写真で見る(31枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

スズキ ジムニー
スズキ ジムニー
スズキ ジムニー 内装・インパネ
スズキ ジムニー 内装・インテリア
スズキ ジムニー 荷室寸法
スズキ ジムニー 荷室寸法

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 乗用車ベースではない純粋な軽貨物であれば、軽トラも軽バンも5MTは用意されていますね。軽貨物しか乗らないので軽乗用でMTが無くなっても困りませんけど。エンジンがある内はMTは需要があるでしょうね。
    仮に軽で5MTが無くなるとしたらEV化した後ではないかと。EVの航続距離がガソリン車と同じ(最低300~400km/理想で500~600km)くらい。充電時間が長くても30分程度になれば冬でも使い物になるのかな。EVのバッテリーは今のところリチウムイオンですが、最近、ポータブル電源で6倍の充電サイクルと急速充電で注目のリン酸鉄や、安全性の高さで期待される全固体電池があrますが、EVに使用されるとどうなるのか気になります。

  2. ジムニーって、デビュー5年しか経っていない?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー