マツダが新型「ロータリーエンジン車」の内装チラ見せ! あちこちに「オニギリ」!? 「オシャ」なインテリアをSNSに投稿

2023年1月17日、マツダの英国法人が公式SNSで新型ロータリーエンジン車「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」のティザー画像を投稿しました。それはどのような内容だったのでしょうか。

インテリアに新しい「オニギリ」見えた! ロータリー車の復活に期待高まる

 2023年1月17日、マツダの英国法人が公式SNSで新型「MX-30 e-SKYACTIV R-EV(以下、新型MX-30 R-EV)」のティザー画像を投稿しました。

 新型MX-30 R-EVはバッテリーEVモデルのMX-30をベースにしたシリーズ式プラグインハイブリッド車です。

新しい「オニギリ」が見えた! マツダ「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」のインテリア
新しい「オニギリ」が見えた! マツダ「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」のインテリア

 新型MX-30 R-EVの最大の特徴は発電機として採用したマツダ独自のロータリーエンジンにあります。

 高出力でありながらコンパクトなサイズを可能とするロータリーエンジンの特性を活かし、モーター、ジェネレーターと同軸上にエンジンを配置してボンネット内に搭載しています。

 この電動駆動ユニットは17.8kWhのリチウムイオンバッテリー、50Lの燃料タンクと組み合わされ、マツダ独自のシリーズ式プラグインハイブリッドシステムを実現しました。

 新型MX-30 R-EVはバッテリーEVとして85km(欧州WLTPモード)の走行を可能としており、さらに発電によって長距離ドライブにも対応。全走行はモーターで駆動します。

【画像】マツダ「ロータリーエンジン車」は不滅! ファンの声に応えて美しすぎる「RX-VISION」モデルカーを世界初公開!

 投稿されたティザー画像は、新型MX-30のドライビングシートのヘッドレストやフロアマット、フロントフェンダーに「ロータリーエンジン」をモチーフとした“オニギリ型”の新エンブレムが埋め込まれたことがわかる写真です。

2012年に生産を終了した「RX-8」から約11年ぶりに復活するロータリーエンジン搭載車という新型MX-30 R-EVの特徴を強く主張するものです。

 また、投稿されたモデルは特別仕様車として設定される「Edition R」と考えられ、前述したパーツに加えてスマートキーにもEdition Rのロゴが刻まれています。

 新型MX-30 R-EVの詳しいスペックは現時点では明らかとなっていませんが、詳細情報の公開に今後も期待が高まります。

【画像】ロータリーエンジン車ついに復活! 期待大のマツダ新型「MX-30」を見る(26枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント