マツダ新型「ロータリーエンジン車」の価格や燃費は? 11年ぶり復活した新型「MX-30 R-EV」のスペックとは

マツダが、ロータリーエンジンを発電用として搭載した「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」を発表しました。イギリスで公開されている価格や性能を見てみます。

英では約500万円から

 ロータリーエンジンを搭載するクルマが、11年ぶりに復活します。

 マツダが欧州で発表したクロスオーバーSUV「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」は、ロータリーエンジンを発電用として搭載しているのが特徴ですが、価格はいくらなのでしょうか。

マツダ「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」
マツダ「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」

 マツダは2023年1月13日、クロスオーバーSUV「MX-30」のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」を、欧州ベルギーのブリュッセルモーターショーで初公開しました。

 MX-30は、2020年にマツダ初の量産バッテリーEVとして導入されたモデルです。マイルドハイブリッドモデルも一部市場向けにラインアップされ、マツダの電動化を主導してきました。

 そして今回のMX-30 e-SKYACTIV R-EVは、MX-30をベースに、バッテリーとしての使い方を拡張したシリーズ式PHEVとして登場。

 2012年の「RX-8」生産終了からおよそ11年ぶりの復活となるロータリーエンジンを、駆動用ではなく発電用として搭載し、17.8kWhのリチウムイオンバッテリー、50Lの燃料タンクを組み合わせて、独自のシリーズ式PHEVシステムを構築しています。

 バッテリーEVとして85km(欧州WLTPモード)の走行距離を備え、さらに発電によって長距離ドライブにも対応します。そしてその走行は全てモーターで駆動します。

 ボディには、ローターの形状と電気を表す「e」を組み合わせた新しいロゴを付け、ロータリーエンジンの搭載車であることをさりげなく主張します。

 このようなMX-30 e-SKYACTIV R-EVですが、価格はいくらなのでしょうか。一例として今回は、マツダのイギリス法人(マツダモータースUK)が公開しているカタログを見ていきます。

 これによると、MX-30 e-SKYACTIV R-EVは「Prime-Line」「Exclusive-Line」「Makoto」の3グレードで展開。価格は、3万1250ポンドから3万6000ポンド(約500万円から580万円)です。

 また、特別仕様車の「Edition R」(3万7950ポンド/約610万円)も設定されています。

 ちなみに従来よりある「MX-30 e-SKYACTIV EV」はというと、同じく3グレード展開で、価格もR-EVと同水準の3万1250ポンドから3万5550ポンド(約500万円から570万円)です。

 このEVモデルは日本でも販売されており、消費税込み価格は451万円から501万6000円で設定されています。

 MX-30同士の性能比較は次のとおり(基本的にEVとMHV〈マイルドハイブリッド〉は日本向けモデル、R-EVは欧州向けモデルの数値を記載)。

●最高出力
・EV:107kW(145PS)
・R-EV:125kW(170PS)
・MHV:115kW(156PS)

●最大トルク
・EV:270Nm
・R-EV:260Nm
・MHV:199Nm

●一充電走行距離
・EV:欧州WLTP複合モードで200km、WLTCモードで256km
・R-EV:欧州WLTP複合モードで85km

●燃費
・MHVモデル:WLTCモードで15.1-15.6km/L
・R-EV:欧州WLTP複合モードで7.6L/100km(=13.2km/L)、同PHEV総合燃費モードで1.0L/100km(=100km/L)

 ちなみにR-EVに搭載される発電用ロータリーエンジン(8C型)は、1ローターで排気量は830ccとなっています。

マツダ・MX-30 のカタログ情報を見る

【画像】ロータリー専用ロゴがキラリ光る「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」を見る(25枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント