新デザインの日産新型「GT-R」世界初公開! 史上最強の2024年モデル「R35型」の集大成として登場!

日産は「GT-R 2024年モデル」を東京オートサロン2023でお披露目しました。一体どのようなモデルなのでしょうか。

速さのみならず快適性も追求

 日産は2023年1月13日、「GT-R 2024年モデル」を発表・発売に先駆けて東京オートサロン2023で初公開しました。
 
 GT-Rは、「究極のドライビングプレジャーを追求する」という商品コンセプトのもと、常に深化を続けてきた日産のプレミアムスーパースポーツカーです。

東京オートサロン2023で公開された日産「GT-R」
東京オートサロン2023で公開された日産「GT-R」

 今回先行公開された新型GT-R 2024年モデルは、速さだけではなく洗練された乗り味も追求。最高出力(GT-R:570馬力/GT-R NISMO:600馬力)を維持しながら走行時の不要なノイズと振動は低減し、綿密に調律された感性に響くサウンドを実現するなど、車内の快適性も追求しています。

 また、外観デザインでは新たなフロントフェイスを採用。中央部がボディ同色化されたフロントバンパー周辺はシャープな形状に刷新され、ブラックアウトで精悍さを演出したフロントグリルやハニカム形状を組み合わせたLEDライトとともに、大きくイメチェンが図られました。

 日産自動車 COO アシュワニ・グプタ氏はGT-R 2024年モデルのお披露目イベントで「最先端の技術と匠の技を掛け合せた本モデルは、新たなデザインをまとったR35型の集大成ともなるべきモデルです」と語りました。

 今回、東京オートサロン2023で公開されたのは、特別仕様車「プレミアムエディション T-spec」と「NISMO スペシャルエディション」の2台。

 時代をけん引するクルマであり続ける「Trend Maker」でありたいという思いと、しっかりと地面を捉え駆動する車両「Traction Master」であるという考えから命名した「T-spec」を冠した特別仕様車は、専用のサスペンションセッティングと専用カーボンセラミックブレーキなどを採用し、よりしなやかで上質な走りと、意のままに操れる楽しさを両立しました。

「GT-R NISMO」はレーシングテクノロジーを最大限注ぎ込み、空力性能の磨きこみとサスペンションのチューニング、フロントメカニカルLSDを追加することでコーナリング性能も向上させるなど、GT-R史上最高のパフォーマンスを発揮します。

 さらに、走りを支える専用RECARO製カーボンバックバケットシートも刷新し、車両との一体感と快適性の向上も図りました。

 特別仕様車のNISMO スペシャルエディションは、ピストンリングやコンロッド、クランクシャフトなどに高精度重量バランスエンジン部品を採用し、クリヤ塗装を施したNISMO専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)などを特別装備しています。

※ ※ ※

 GT-R2024年モデルの発表・発売は2023年春、GT-R NISMOは同夏の予定となっており、注文受付方法については発表時にアナウンスされることになっています。

日産・GT-R のカタログ情報を見る

【画像】Vモーションやめた!? 黒グリルで“R34”に激似な「GT-R 2024年モデル」内外装の写真を見る!(123枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. かっこいですな(笑)