阪和道→和歌山市中心部の“6車線大通り”が全線開通! 街を貫く「市駅和佐線」で和歌山のクルマの流れは変わるか

和歌山市内で建設が進められてきた都市計画道路「市駅和佐線」が、2023年2月に全線開通します。

宮街道は渋滞緩和なるか

 和歌山市は2023年1月11日、都市計画道路「市駅和佐線」が2月4日朝5時に全線開通すると発表しました。これにより市の中心市街地から阪和道の和歌山ICまでのアクセス性が向上します。

市駅和佐線の開通区間の状況(画像:和歌山市)
市駅和佐線の開通区間の状況(画像:和歌山市)

 市駅和佐線は和歌山市駅や市内東部から阪和道の和歌山ICにかけてを東西につなぐ道路です。

 今回、最後まで残っていた市内の鳴神~出島間814mが開通することで全長8460mの市駅和佐線が全線開通し、中心市街地や和歌山駅東口から和歌山ICまでのアクセス性が向上します。

 道路は6車線(片側3車線)、設計速度50km/h、標準幅員36mの大通りで整備されます。

 全線の開通によりアクセス性向上のほか、宮街道(国道24号・県道145号鳴神木広線)の渋滞緩和や、災害時の緊急輸送路などとしての役割も期待されています。

【画像】阪和道の和歌山ICすぐ! 市駅和佐線の位置を地図で見る(8枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント