トヨタ新型「プリウス」新設定の「サブスク専売車」実際どう? どんな人が契約してる? 販売店では申込み続々と

トヨタ新型「プリウス」には、KINTO専売車として「Uグレード」が新たに設定されました。これについて、ユーザーからはどういった反響があるのでしょうか。

新型「プリウス」サブスク専売車にユーザーの反響は

 2023年1月10日に、トヨタ新型「プリウス」のハイブリッド車(HEV)が発売されました。
 
 今回新たにKINTO専売の「Uグレード」が設定されましたが、ユーザーからどういった反響があるのでしょうか。

新型「プリウス」サブスク専売の「Uグレード」実際どう?
新型「プリウス」サブスク専売の「Uグレード」実際どう?

 今回で5代目となる新型プリウスは、「HYBRID Reborn」を開発コンセプトに「一目惚れするデザイン」や「虜にさせる走り」をキーワードにした感性で選ばれるエモーショナルな愛車を目指したといいます。

 ラインナップには「G」「Z」グレードのほか、今回KINTO専用仕様車として「U」グレードが登場。

 KINTOはトヨタ車のサブスクリプションサービスで、月額で支払う利用料のなかに車両本体に加え任意保険の支払いや自動車税、登録諸費用、車両の定期メンテナンスといったクルマにかかる費用が含まれています。

 今回新型プリウスの登場にあわせて新たに「KINTO Unlimited(アンリミテッド)」という仕組みが導入されました。

 たとえば「ソフトウェアアップデート」では、パソコンやスマートフォンのように車両のソフトウェアを最新バージョンに更新することが可能。

 またオプションの後付けを可能にする「ハードウェアのアップグレード」も備わります。

 新型プリウスでは第一弾メニュー例として、ブラインドスポットモニターやパノラミックビューモニター、ステアリングヒーターなど、メーカーオプションの後付けからスタートするといいます。

 このほか、コネクティッドを活用した見守り機能が備わります。

 Uグレードは3年、5年、7年の3種類のプランで展開されており、7年プランでは最安で月額1万6610円(ボーナス月加算16万5000円の場合)から利用できるといいます。

 手軽に利用できる点が魅力のUグレードですが、ユーザーからはどういった反響があるのでしょうか。

 SNSでは「若者なら任意保険高いしガソリン代以外お金必要ないから良いかも」「クルマが生活必需品で新しいクルマが良いって人は良いかも」「流行らせたい感じ」「Uグレードは新しい感じがする」といった意見がありました。

 新たなグレード展開に新鮮さを感じるほか、スマホのようにクルマの利用が必須かつ最新モデルを利用したい人にとってメリットがあると感じた意見も見られました。

 では、販売店にはどういった反響があるのでしょうか。都内販売店スタッフは以下のように話します(すべて2023年1月12日時点)。

「Uグレードはほかのグレードに比べて納車が3、4か月と比較的早いのが魅力で、新型プリウス発売後お客さまからの申し込みが増えてきています。

 契約される方の年齢層は幅広く、たとえば初めてクルマを持つ人で保険料が高くなるのでこちらを契約される方や、あと3年で免許更新はしないという高齢の方で一時的に利用したいというお客さまもいました。

 契約満了になるとクルマを返却するので、幅広い方に利用しやすいサービスかと思います」

 また別の販売店スタッフは以下のように話します。

「Uグレードの申込みは最近増えてきています。

 ちょうど昨日契約される方もいて、保険に入っていなくて新しく購入する人や、トータルで見てこっちの方が安いということで契約される方もいました」

 ちなみに、Uグレードでボーナス払いなしの場合では月額の支払いはどのくらいになるのでしょうか。

 これについて販売店スタッフは「価格を抑えたいという場合はスタンダードなプランにしていただいて大体4万円から4万5000円ぐらいかと思います」と話します。

※ ※ ※

 新型プリウスから新設定されたKINTO専売グレードですが、今後こうしたクルマのサブスクサービスはユーザーにどのように浸透していくのでしょうか。

トヨタ・プリウス のカタログ情報を見る

【画像】こんな変わる!? 5代目新型「プリウス」スゴイ! 新旧プリウスの内外装を比較する!(58枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事