843馬力で爆速315km/hの究極メルセデス「GT 63 S Eパフォーマンス」限定モデルが登場! 4LV8ツインターボのPHEVで3000万円超

メルセデスAMGが高級スポーツカー「GT 4ドアクーペ」のトップパフォーマンスモデル「GT 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」を発表しました。

F1技術を採用した駆動システムを採用

 メルセデス・ベンツ日本は2023年1月11日、メルセデスAMGの高級スポーツカー「GT 4ドアクーペ」のトップパフォーマンスモデル「GT 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」を発表しました。

メルセデスAMG「GT 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」
メルセデスAMG「GT 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」

 ベースのGT 4ドアクーペは、ハイパフォーマンスのスペックを持ちながら、官能的なデザインと快適な室内空間、4ドアの利便性も兼ね備えたモデルです。走行性能やデザイン性を追求しながらも、日常生活での使い勝手も妥協したくない人の要望に応えるクルマといいます。

 今回登場したGT 63 S E PERFORMANCE F1 Editionは、4リッターV8ツインターボエンジンに交流同期モーターと高性能バッテリー、それにAMGの連続トルク可変配分四輪駆動システムの4MATIC+を組み合わせたプラグインハイブリッドモデルです。

 ターボエンジンと電気モーターにより、システム出力620kW(843PS)、最大システムトルク1400N・m以上を発生。また、0-100km/h加速をわずか2.9秒、200km/hまで10秒未満、最高速度は315km/hに達します。

 搭載される高性能バッテリーの容量は6.1kWhで、連続出力70kW、最高出力150kW(10秒間)を発揮。EVとしての一充電走行可能距離は12km(WLTCモード)です。

 走行モードは「Electric(電動)」「Comfort」「Sport」「Sport+」「RACE」「Slippery(滑りやすい)」「Individual」の7つを設定し、効率重視からダイナミックまで広い範囲の走りに対応します。

 外装色はソリッドのアルペングレー、内装色はレッドステッチを施したブラックを採用。車両の両サイドにはF1 Editionのデカールが施されています。

 インテリアには、F1 Edition専用のAMGカーボンファイバーインテリアトリムやF1ロゴが入ったフロアマット、レッドシートベルト、イルミネーテッドステップカバー(レッドアクセント)などを採用し、F1の世界観を感じられる仕様です。

 GT 63 S E PERFORMANCE F1 Editionは限定35台で、価格(消費税込)は3270万円。全車左ハンドルのみの設定となります。

 1月25日18時まで、メルセデス・ベンツ日本のウェブサイトで仮予約を受付中。なお、35台以上の申し込みがあった場合は抽選です。購入者への納車は、2月以降順次予定されています。

メルセデスAMG・GT のカタログ情報を見る

【画像】35台限定! メルセデスAMGのハイパーPHEV「GT63 S EパフォーマンスF1エディション」を見る(35枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント