通行無料の自動車専用道路「国道3号黒崎バイパス」の“起点”が3月開通! 黒崎駅前をワープする4車線バイパスが完成

国道3号黒崎バイパスの春の町ランプと陣原ランプが開通。これにより黒崎駅前を通過する東西方向のバイパスが完成します。

春の町ランプと陣原ランプが開通

 北九州市八幡東区・八幡西区で建設が進められてきた国道3号黒崎バイパスの春の町ランプと陣原(じんのはる)ランプが、2023年3月18日16時に開通。これにより国道3号の東西方向のバイパスが完成します。

陣原ランプ(画像:国土交通省九州地方整備局北九州国道事務所)
陣原ランプ(画像:国土交通省九州地方整備局北九州国道事務所)

 黒崎バイパスは、黒崎駅周辺の現道の渋滞を緩和するとともに、北九州都市高速道路と一体となって道路網を形成する延長5.8kmの自動車専用道路です。

 これまでに、東田ランプから陣原ランプまでの延長5.2kmが開通しています。

 今回開通する春の町ランプは、八幡駅近くの西本町一丁目交差点の手前で国道3号の現道から分岐してJR線をまたぎ、バイパスに合流します。

 陣原ランプはすでに2車線(片側1車線)で暫定開通していますが、今回、皇后崎(こうがさき)ランプから陣原ランプまでが4車線化(片側2車線化)されます。

 これにより、北九州高速5号線との接続する尾倉ランプから陣原ランプまでが4車線になります。

 国土交通省九州地方整備局北九州国道事務所は、この開通により混雑緩和と安全性の向上、自動車専用道路の道路網形成による地域産業の支援、災害に対する道路網機能の強化などが期待されるとしています。

【画像】国道3号の自専道「黒崎バイパス」の位置を確認する(9枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント