エンジンオイルの交換「上抜き」「下抜き」どっちが良い?「上/下」抜き方 適した方法の見極め方

エンジンを良い状態に保つため、定期的なエンジンオイルの交換が必要です。オイル交換時は、「上抜き」と「下抜き」はそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

エンジンオイル交換時の抜き方はふたつの方法がある

 クルマのエンジンを良好な状態に保つためには、エンジンオイルを定期的に交換する必要があります。古いエンジンオイルを抜いて新たに補充しないと、潤滑性が落ちるだけでなく、汚れも溜まってしまうのです。

エンジンオイル交換は上抜き・下抜きどっちが良い?
エンジンオイル交換は上抜き・下抜きどっちが良い?

 エンジンオイル交換のときのエンジンオイルの抜き方には「上抜き」と「下抜き」があります。

 上抜きとは、オイルチェンジャーというポンプを使う方法のことで、作業時間が短くて済むというメリットがあります。抜いたエンジンオイルは、一度透明の容器に入れて回収するため、どのくらい汚れていたのか確認することもできます。

 ただし、レベルゲージ挿入部からオイルパンまでの通路は細く、エンジンによっては曲がっている場合もあるため、パイプを挿入するときは注意する必要があります。

 また、エンジンが温まっているときに作業しないと、オイルパンに溜まったエンジンオイルは抜けても、ヘッド部にあるエンジンオイルが抜き切れないことがあります。

 ほかにも、上抜きの場合、金属粉が残りやすいというデメリットがあります。

 一方の下抜きは、エンジン下部にあるオイルパンに装備されているドレンボルトを外して重力を利用してオイルを抜く方法です。

 上抜きがオイルチェンジャーを使って吸引するのに対して、下抜きはあくまでエンジンオイルの自然落下を待たなければならないため、待ち時間が増えます。さらに、ドレンボルトをなめてしまったり、オイルパンを損傷したりするおそれもあるのが懸念点です。

 また、ジャッキアップやパネルの脱着、ドレンボルトの脱着など、さまざまな手順が必要となることから作業時間が長くなりますが、エンジンオイルは問題なく抜き切ることができます。

 注意点として、エンジンオイル漏れを防止するワッシャーを新品に交換してドレンボルトを締める必要があります。

 このドレンボルトの締め付けトルクの管理が重要なポイントとなっており、アルミ合金製のオイルパンを採用しているクルマの場合、ボルトを締め過ぎるとネジ山が破損することもあるため注意したい点です。

 エンジンオイルの下抜きには、ピストンとシリンダーとの摩擦によって発生した金属粉といったオイルパンの底に溜まった汚れを排出しやすいという特徴があります。

【画像】衝撃! 長期間交換せずドロドロになった「エンジンオイル」を見る

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. 昔、ドレンボルトの中心部にスラッジを吸着するための磁石がついたものがホームセンターで売ってたけど、最近見ないですね。

    • 今でもありますよ
      スイスポ乗りですが何社が出てますよ

  2. 上抜きでドレンポルトを触らないのに何故
    ドレンボルト、オイルパンを破損するのだ?
    いい加減な記事

    • うちはドレンボルトが特殊な三菱アイなのでできるだけ上抜きだな

  3. エンジンオイルの交換作業の画像これATのオイルパンじゃない?

  4. 上抜きでどうやったらネジやオイルパンを痛めるんだろう?
    下抜きで汚れが確認できないようにも書いてあるけど、普通に受け皿に落とせば見えるじゃん。
    ショップではすぐにタンクに落とし込むこともあるけど。

  5. まず上抜きでドレンボルトがなめる理由を考えてから記事にしてください。
    水平にジャッキアップとはなんでしょう?わざわざ4点に馬かけろってこと?そこまでしてオイルパン内の残存を知りたいならリフトアップすればいい。ドライブオンの店もある。

  6. このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
    修正いたしました。

  7. 自動車メーカーにいるけど5000キロが推奨なんてされてないよね。
    1万キロの車もあるし車種による。
    車のマニュアル通りで問題ない。
    車のエンジンの精度がかなり上がっているためオイル交換の距離はどんどん伸びていて外車では特にその傾向が顕著。
    3000キロで交換を勧めてくる利益主義の悪徳業者もいるので気をつけるべき