大人2人でもイケる「軽で車中泊!」 小さくても「就寝」できる!? 車中泊も可能な軽自動車 3選

ミニマムなサイズの軽自動車ですが、工夫次第で「車中泊」も可能です。なかでも専用の機能を備え、積極的に車中泊したい軽自動車 3選をお届けします。

「大人2名の車中泊」軽だってできる!

 以前にも増して広い室内空間を得たうえ、走行性能や燃費も改善されたことで近年大人気の軽自動車。ですが「さすがに軽で車中泊するのは難しいのでは」と思っている人は少なくないでしょう。
 
 しかし近年は専用の機能も充実し、大人2名での就寝も可能な車種が増えています。今回は、そんな車中泊対応が可能な軽自動車3モデルを紹介します。

スズキ 軽クロスオーバーハイトワゴン「ハスラー」は、コンパクトながらシートアレンジの工夫により車中泊も可能!
スズキ 軽クロスオーバーハイトワゴン「ハスラー」は、コンパクトながらシートアレンジの工夫により車中泊も可能!

●ダイハツ「アトレー」

 2021年12月に17年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたのが、ダイハツの軽商用1BOXバン「アトレー」です。

 最新設計思想「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」により、新開発プラットフォームをはじめ、FRの軽商用車でCVTを初搭載したほか、パッケージングも全面刷新。効率を高めスクエアにされたボディにより、荷室空間が大幅に拡大しているのも見どころです。

 また水平格納式の後席のおかげで荷室床面もフラット。2名乗車時の荷室長は最大1820mmで、大人が寝転ぶには十分な空間となっています。

 そんな荷室に純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」を搭載すれば、上段に人が、下段に荷物が積載できて、車中泊での使い勝手もグッと向上します。

 車内での就寝のみならず、アウトドアでのワーケーションスペースとしても有効活用できそうです。

●ホンダ「N-VAN」

 ホンダがプラットフォームやエンジンなどすべてをいちから新設計し誕生させた新型軽「N」シリーズは、大ヒット作の軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」を筆頭に、さまざまなモデルが展開されています。

 なかでも唯一の軽商用車が、2018年に登場した「N-VAN(エヌバン)」です。

 積載性を重視したパッケージングとし、後席・助手席を床下収納できる独自のレイアウトを開発。助手席からテールゲートまでフラットな床面が確保されています。

 配送などの商用需要のみあらず、アウトドアレジャーを楽しむ個人ユーザーもターゲットとし、高性能なターボエンジンモデルなどがラインナップされているのも特徴です。

 多彩に用意された純正アクセサリーのなかでも、車中泊派必携アイテムが「マルチボード」。荷室を上下二段に区分けするだけでなく、助手席用とラゲッジ用のマルチボードと運転席・助手席シートをアレンジすれば、車内空間が丸ごとベッドに。大人2名の就寝も可能となります。

●スズキ「ハスラー」

 ラダーフレームを備えた本格軽SUV「ジムニー」の高い走行性能を引き継いだ軽ハイトワゴン「ハスラー」は、アウトドアブームの追い風もあって、安定した人気を誇る1台です。オススメはやはり4WD(四輪駆動)モデル。

 滑りやすい路面での空転を抑える「スノーモード」をはじめ、ぬかるみなどの滑りやすい路面のスリップを防止する「グリップコントロール」、下り坂でブレーキを踏まず車速をコントロールしてくれる「ヒルディセントコントロール」など、悪路に対応する機能が複数搭載されていて、山道などの安心感が違います。

 そして隠れた美点は、比較的コンパクトなサイズながら車中泊もイケるという点にあります。

 さまざまなシートアレンジが可能ななか、後席と前席を倒しフルフラットとすることで車中泊も十分対応可能なのです。

 メーカーのカタログにもしっかりそうした記載があり、また純正アクセサリーカタログにも車中泊アイテムが揃っているのも嬉しいところです。

※ ※ ※

 各モデルに共通するのは、メーカー純正アクセサリーカタログの充実ぶりです。アウトドアでのレジャーに適した多彩なパーツを用意しています。

 なかでも車中泊に必須となるのは、プライバシーシェードです。前後左右の窓を車内から覆うもので、側面の窓開閉により屋外の空気を取り入れられるメッシュ構造になっているものもあります。

 このほか、キャンプ場で日除けになるカーサイドタープや、テールゲートに取り付けて着替えなどができるカーテンなど、カタログを眺めているだけで夢が広がるアイテムばかりといえます。

ホンダ・N-VAN のカタログ情報を見る

スズキ・ハスラー のカタログ情報を見る

【画像】「夢が拡がる!」 車中泊が楽しめる「軽自動車」3モデルを写真で見る(76枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー装着車
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」装着車
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」装着車
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
ホンダ N-VAN 純正オプション装着車
ホンダ N-VAN 純正車中泊仕様(「マルチボード」搭載車両)
ホンダ N-VAN 純正車中泊仕様(「マルチボード」搭載車両)
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN 車中泊仕様
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN 純正アクセサリー装着車
ホンダ N-VAN 純正アクセサリー装着車
ホンダ N-VAN 純正アクセサリー装着車
ホンダ N-VAN 純正アクセサリー装着車
ホンダ N-VAN 純正アクセサリー装着車
ホンダ N-VAN 純正アクセサリー装着車

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 豪華装備は要らないからとアトレーよりもハイゼットカーゴでカスタマイズしたほうがいいや・・・と思ったけど、ハイゼットカーゴをカスタマイズしたら最終的にアトレーより高くなりそうで。
    電動スライドドアは壊れたら最悪なので、全グレードにCVTがあるから、自前カスタマイズならハイゼットカーゴでも十分かと。純正で最低グレードにあれこれ足したらあっという間に170万を超えます。ディーラーオプション高価すぎですね。それに後部ドアの窓が軽キャンパー最大のネックです。

    N-VANも面白そうなのですが、やはり後部荷室長がネックですね。N-VANとハスラーおよびその他のハイト系ワゴンは寝るのに一苦労(寝る前の一工夫)するでしょう。でも、街中でもよく見かけますので買っている人は少なくないですね。何より最後部に蓋をすれば床下収納の容量が魅力的です。

    ハスラーはラダーフレームじゃなくてモノコック。フルタイム4WDじゃなくて前後のタイヤの回転数がズレた(滑った)時だけ4WDのようで。そういうことでハスラーはジムニーを引き継いでいないようです。ハスラーやタフトは軽SUVとしてはまともです。魅力的な車ですが、やはり室内空間の狭さは快適性に直結する分、軽バンより圧倒的に不利です。特に着替えのことを考えないと。寝るだけなら長さが確保できれば足ります。まあ、これらを買うくらいなら悪路の走破性が高いジムニーを買うでしょう。キャンプ場を利用するよりも、誰も来ないし他の車の走る音が一切聞こえない場所でのキャンプは至高です。更に、近年増えたゲリラ豪雨。道路冠水時の走行で比較するとジムニーの最低地上高の高さは軽最強ですから。

    そういえば、どこぞの記事での乗車人数がどんどん減ってるとか。昔は一家に一台でしたが、田舎だと1人1台ですからね。家族構成3~4人なら車は2~3台くらい持っているのが普通です。なので、今の車の座席数も柔軟に1~2人乗り(最大2名)や、それこそソロキャンパーなら助手席すら無いものがオプションであっても面白いかと。縦に2人乗りも含めて。室内空間の有効活用や、右側は全部ドアなしでも良いくらい。サイドブレーキも全部、足踏み式パーキングブレーキになれば、前席がベンチシートにできるので助手席からの乗り降りも含めて魅力的ですね。あのレバーって普段は結構邪魔です。