小型SUVの新型車「デリカミニ」発表記念! 激レアさんも多数!? 三菱の「ミニ」「ワイド」なモデル 5選

三菱が2022年11月4日に発表した「デリカミニ」の名を聞いて「パジェロミニ」を思い浮かべた人は少なくないはず。今回はそんな三菱の「ミニ」と「ワイド」を名乗るモデルをご紹介します。

三菱の「ミニ」といえば代表格は「パジェロミニ」だ!

 2022年11月4日、突如として発表された三菱の新しい軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」。
 
 これはいわずと知れた三菱の看板車種のひとつであるクロスオーバー系ミニバン「デリカD:5」のテイストを軽自動車に落とし込んだモデルとなっており、詳細が発表されていない現時点でも非常に注目を集めている1台となっています。
 
 このように今回、デリカの「ミニ版」をリリースした三菱ではありますが、実は過去にも「ミニ版」や「ワイド版」を多数リリースしてきた過去があることをご存知でしょうか。

三菱の「ミニ」といえば真っ先に浮かぶのはこのクルマ! 本格軽SUV「パジェロミニ」(写真は初代モデル)
三菱の「ミニ」といえば真っ先に浮かぶのはこのクルマ! 本格軽SUV「パジェロミニ」(写真は初代モデル)

●三菱の「ミニ」といえば! ジムニーのライバル「パジェロミニ」

 最初にご紹介するのは、三菱のミニシリーズの元祖とも言える「パジェロミニ」です。1994年12月に登場したパジェロミニは、その名の通りパジェロの弟分(軽自動車)として誕生しました。

 さすがにパジェロのように本格的なラダーフレームは採用していませんでしたが、モノコックボディにラダーフレームを組み込んだビルトインモノコック構造を採用し、オフロードの走破性とオンロードの快適性を合わせ持っていた点が特徴です。

 またエクステリアデザインも当時のパジェロ(2代目中期型)の丸目モデルをそのまま小さくしたような、一目でパジェロと分かるものとなっており、パジェロの無骨なスタイルに憧れたユーザーをも魅了したのでした。

 1996年1月には、パジェロのスタイルをより気軽に楽しみたいというユーザーに向けて安価な2WD(後輪駆動)モデルを追加し、その人気を不動のものとすると、軽自動車の規格が現在のものへと改められた1998年には2代目へと進化。

 当初は2代目パジェロの後期モデルに近いエクステリアデザインを纏っていましたが、2008年のマイナーチェンジでは当時現行モデルだった4代目パジェロ風のフロントマスクに改めるなどし、2013年まで販売が続けられるロングセラーモデルとなったのでした。

 なおパジェロミニにはさらに、丸目4灯の「パジェロミニ リンクス」や、クラシックテイストの「パジェロミニ デューク」といった、外観違いの派生モデルも用意されていました。

●ジムニーシエラのライバルはこちら! 「パジェロジュニア」

 1994年12月、前出のパジェロミニをベースに大型オーバーフェンダーとバンパーを備え、1.1リッターエンジンを搭載した「パジェロジュニア」も登場しています。

 こちらは迫力のオーバーフェンダーなどにより、よりパジェロに近しいスタイルとなっていました。

 パジェロジュニアのなかでも激レアなモデルとしては、クラシックな外観を持つ個性的な「パジェロジュニア フライングパグ」が限定発売されています。

 ちなみにパジェロジュニアの後継車種として「パジェロイオ」が1998年に登場していますが、こちらはパジェロミニベースではなく、普通車用の専用シャシーを持っており、パジェロの1.8リッター~2リッタークラス版として、パジェロとパジェロミニの間を埋めるモデルとなっていました。

【画像】世界で50台だけ!? 超・激レアさんから最新モデルまで 三菱「ミニ」「ワイド」シリーズを写真で見る(58枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2 3

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント