超希少な斬新「赤ボディ」輝くロングノーズが美しい! 新車時2000万円の2人乗りスポーツ「GT MF4」がSNSで話題! 正体はいかに

世界各国にはさまざまな自動車メーカーが存在します。そうしたなかでクルマ好きにもあまり知られていないヴィーズマン「GT MF4が日本の中古車市場で発見されました。

ドイツ発のスポーツカーメーカー「ヴィーズマン」とは

 ドイツ発の希少なスポーツカーであるヴィーズマン「GT MF4」が日本国内で販売されています。
 
 いったいヴィーズマンとはどのようなメーカーであり、GT MF4とはどのようなスポーツカーなのでしょうか。

こんなに美しく斬新なデザインは見たこと無い! ヴィーズマン「GT MF4」を日本の中古車市場で発見!
こんなに美しく斬新なデザインは見たこと無い! ヴィーズマン「GT MF4」を日本の中古車市場で発見!

 欧州の自動車大国であるドイツには、日本ではあまり見ることのできないスポーツカーも多く存在しており、ヴィーズマンのGT MF4もそんな希少なスポーツカーのうちのひとつです。

 ヴィーズマンは、マーティン・ヴィーズマンとフリードヘルム・ヴィーズマンの兄弟によって、1988年にドイツ西部のデュルメンで創業されました。

 1993年に最初のプロダクションモデルである「MF30」が発表された後、2003年には新世代のモデルであるGT MF4を発売しています。

 GT MF4をはじめとするヴィーズマンの各モデルの特徴は、なんといってもロングノーズかつショートデッキという、クラシカルかつ流麗なスタイリングです。

 GT MF4では、全長4230mm×全幅1850mm×全高1190mmという比較的コンパクトなボディにBMW製の4.8リッターV型8気筒エンジンを搭載し、そこに同じくBMW製の6速スポーツATが組み合わさります。

 最高出力は367馬力を発揮し、最高速度は291km/hにも及ぶほか、アルミニウム製シャシとカーボンファイバー製ボディによって、車両重量はわずか1390kgに抑えられており、0-100km/hは4.6秒を発揮。

 ヴィーズマンには、これら以外にもいくつかのモデルが存在していますが、いずれのモデルもBMW製のエンジンおよびトランスミッションが使用されています。

 独創的なスポーツカーメーカーとして注目されていたヴィーズマンですが、世界最大級のスポーツカー市場である北米への輸出が実現しなかったことなどから2010年以降は業績が悪化しその結果、2013年に破産申請が申し立てられました。

 一方、その後ヴィーズマンは投資家によって買収され、2020年に再始動しています。

 そして2022年9月には、新型スーパースポーツEVの予約販売を欧州で開始することを発表し、復活を果たしました。

【画像】こんなに斬新な内外装は滅多にない!? 存在感のある「GT MF4」の実車を見る!(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント