「ゴツSUV」に激速「スープラ」も! トヨタがカスタムカーの祭典「SEMAショー2022」に大量出展

トヨタは、2022年11月1日から4日(現地時間)までアメリカ・ラスベガスで開催される「SEMAショー2022」に展示する13台のカスタム車両を発表しました。

13台のカスタム車がトヨタのブースで展示される

 トヨタは2022年11月1日、アメリカ・ラスベガスで2022年11月1日から4日まで開催される世界最大級のカスタマイズカーショー「2022 SEMA Show(以下SEMAショー2022)」に出展中の車両を発表しました。
 
 車両は米国内外のビルダーなどがカスタムを手掛け、合計13台が展示されます。

「ホンキのカスタム車」が展示されるSEMAショー2022のトヨタブース
「ホンキのカスタム車」が展示されるSEMAショー2022のトヨタブース

 SEMAショーはアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級のカスタマイズカーショーで、北米のみならず世界各国からカスタムショップや自動車メーカーが出展。自動車カスタム文化の最先端となっています。

 今回のSEMAショー2022においてトヨタが同社のブースで展示するクルマは、レース・ストリート向けにカスタムされた車両と、オフロード向けにカスタムされた車両の両方となっています。

 10月28日に動画で改造内容や工程を公開し、SEMAショー2022への出展を事前に予告していた「GRカローラ ラリー コンセプト」、自動車写真家のラリー・チェン氏による「GR86 デイリー ドリフター」、さらにドラッグレース向けに改造された2台の「GRスープラ」は完成後の姿が披露されました。

 さらに、「GR86」のワンメイクレース仕様となった「GR86カップカー」と、NASA(全米自動車スポーツ協会)ナショナル チャンピオンシップ レースで先導車として活躍する「GRカローラ ペースカー」も展示されます。

 オフロード仕様車では、米国で人気の大型SUV「セコイア」や大型ピックアップトラックの「タンドラ」のカスタム仕様などが複数台展示されています。

「セコイア“シンバ”」と「タンドラ“オリオン”」は人気のテレビ番組を持ち、人里離れた地域を冒険するチーム「エクスペディション オーバーランド」がカスタムを手掛けたクルマです。長距離の冒険を成し遂げつつ、番組を制作するための特別な装備を持ち、高められた悪路走破性能と撮影クルーをサポートするための快適性能などが特徴となっています。

「セコイア TRD Pro アドベンチュアラー」は、2023年型のセコイアをベースにトラックアクセサリーを手掛ける「ウエストコット デザインズ」によりフロント3インチ、リア1.75インチリフトアップされ、ルーフトップテントやリアラダーなどを装備、オフロード向けのカスタムが施されています。

 もう一台のセコイアのカスタム車「アルティメイト オーバーランディング セコイア TRD オフロード」は「4WD トヨタ オーナー マガジン」の発行者によるカスタム車両。3インチリフトアップやウインチ、ルーフテントなどを装備しています。

 また今回、オーストラリアでキャンピングトレーラーやオフロード車のカスタムを手掛ける「パトリオット キャンパーズ」がSEMAのトヨタブースに出展。

 オーストラリアの荒野を走行できる仕様となった「ランドクルーザー70」2台と、1977年式の「ランドクルーザー40」を公開しています。

 SEMAショー2022は11月1日から11月4日(現地時間)までの4日間の開催となっています。

【画像】どれも超イケてる! トヨタ車を「本気カスタム」した13台のショーカーを画像で見る(22枚)

クルマはネットで買う時代!? トヨタのオンラインストアとは【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント