伝説の「マシン」も凱旋!? ラリージャパンまであと1ヶ月!愛知県庁で開幕イベントが開催 10月1日から2日間

ラリージャパン事務局は2022年10月1日と2日に、愛知県庁前にてFIA世界ラリー選手権「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」の開幕カウントダウンイベント「1 Month to go!! Rally Japan!!」を開催します。

2台のラリーカーが愛知県庁前を走行 ラリーを盛り上げるトークショーも開催

 ラリージャパン事務局は2022年10月1日と2日の2日間、愛知県庁にて「1 Month to go!! Rally Japan!!」を開催します。
 
 このイベントは、2022年11月10日から13日まで、愛知県と岐阜県で開催されるFIA世界ラリー選手権「フォーラムエイト・ラリージャパン2022(以下ラリージャパン)」のカウントダウンイベントです。

当日は2台のラリーカーがどのような走りを見せるか、期待が寄せられる!(画像はWRC2022参戦マシン)
当日は2台のラリーカーがどのような走りを見せるか、期待が寄せられる!(画像はWRC2022参戦マシン)

 イベントでは、WRC(世界ラリー選手権)で活躍する勝田貴元選手の父親で、自身も現役ドライバーとして全日本ラリーで活躍している勝田範彦選手が、トヨタ「ヤリス・WRカー」で試験走行を実施。

 さらに、スバルのWRC黄金時代の主役として活躍した「インプレッサ 555 WRC98」が、新井敏弘選手によるデモ走行も実施されます。

 2台のラリーカーは、県庁前周辺の公道を走行。抽選により同乗試乗もおこなえます。

 また、同日に開催される「ラリーニュージーランド」のパブリックビューイングの設置も予定されており、ライブ中継を見ることが可能。勝田範彦選手と新井敏弘選手によるドライバートークショー、地元名古屋市出身のアーティストのライブも予定しています。

 さらに、ラリー競技の歴史に名を刻んだ名車たちがパレードランをおこないます。

 パレードは、トヨタ「セリカ」は2台でそれぞれ1975年式と1972年式の「1600GTV」、1979年式日産「バイオレット」、1979年式フォード「エスコート Mk II」、1992年式ランチア「デルタ EVO 1」、1966年式ポルシェ「911」の6車種です。

 入場は無料です。

※ ※ ※

 2010年の北海道以来、12年ぶりにラリージャパンが開催されます。本来は2020年に開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期となり、2年遅れての開催となりました。

 今回、ラリージャパンは2022年のWRCの最終戦であり、愛知県と岐阜県を舞台にターマック(舗装路)ラリーが展開されます。

【画像】愛知を「爆走」するのはこのマシン! 「伝説の」マシンを写真で見る(15枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント