「車中泊」勢も注目! 「ギラ顔」はアウトドアに似合わない!? 最強「キャンプ場映え」なミニバン 3選

キャンプを楽しむなら、アウトドアにマッチしたテイストのクルマに乗りたい! そんなニーズに応える最強「キャンプ場映え」なミニバン 3選をお届けします。

人気の「ギラ顔」ゴージャスミニバンはアウトドアに似合わない!?

 アウトドアブームの盛り上がりを受け、人気のキャンプ場は数か月も前から予約が殺到する状況が続いているといいます。
 
 大自然のなかで非日常な経験を味わうキャンプですが、せっかくならその場のムードにも馴染むクルマで出かけたいもの。今回はそんな「キャンプ場映え」するオシャレなミニバンを紹介します。

ナチュラルなイメージの特別設定色「グレイッシュブルー」をテーマカラーとしたトヨタ「シエンタ」の特別仕様車「G Safety Edition II」
ナチュラルなイメージの特別設定色「グレイッシュブルー」をテーマカラーとしたトヨタ「シエンタ」の特別仕様車「G Safety Edition II」

 トヨタ「アルファード」に代表される人気の高級ミニバンですが、海や山といった自然の景色に持ち込んでみると、その豪華さがちょっと浮いて映ったりします。

 まるで「スーツ姿のままキャンプに来てしまった」ような違和感……といったら、それはちょっといい過ぎでしょうか。

 いっぽうで、アウトドアに馴染むナチュラルなテイストや、タフなスタイルを持つ個性的なミニバンも存在しています。

 その「キャンプ場映え」する格好良さの秘密について、3モデルでひも解いていきましょう。

●ナチュラルテイストで独自のキャラを追求! トヨタ「シエンタ」

 トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」は、スポーティなフォルムやカラフルなボディカラーと相まって、グッとカジュアルなテイストが特徴です。

 2018年には従来の3列シート車に加え、荷室の積載性を重視した2列シート車「FUNBASE(ファンベース)」を追加設定。アースカラーの「ベージュ」を車体色に設定しています。

 また翌2019年にはアウトドアカジュアルをイメージした特別仕様車「GLAMPER(グランパー)」を追加(販売終了済み)。

 さらに2021年6月には、ホイールやミラーなどにブラック加飾を加え、ナチュラルなイメージの特別設定色「グレイッシュブルー」をテーマカラーとした特別仕様車「G Safety Edition II」が設定され、こちらは2022年8月上旬現在も販売を続けています。

 兄貴分の「ノア」「ヴォクシー」や「アルファード」が、銀メッキのモールやゴージャスなフロントグリル、落ち着いたボディカラーなどで高級感あふれるムードなのとはあえて足並みを揃えず、シエンタは独自のキャラクターを貫き続けているようです。

●アウトドア派も注目の新型が登場! ホンダ「ステップワゴン」

 ホンダを代表するミディアムクラスミニバン「ステップワゴン」は、2022年5月にフルモデルチェンジを実施しました。

 6代目となる新型ステップワゴンは、1996年登場の初代を想わせるシンプルなスクエアフォルムを採用した「AIR(エアー)」と、上質さや力強さを加えた「SPADA(スパーダ)」の2つのラインナップを用意したことでも話題を呼んでいます。

 とくに新設定のAIR向け純正アクセサリー「SPORTS MIX(スポーツミックス)」は、アウトドア派ユーザーから密かに注目を集めているようです。

 前後バンパーを加飾する「フォグライトガーニッシュ」や「リアコーナーガーニッシュ」、車体下部の面をドレスアップする「ボディサイドモール」、マルチカラー塗装の専用アルミホイール「MS-046」などを組み合わせ、トータルコディネートしています。

 開発したホンダ関連会社のホンダアクセスは「タフでアクティブなイメージを加え、ギア感やアウトドア感を高めた」とSPORTS MIXについて説明しています。

 新型ステップワゴンのSPORTS MIXは、今後アウトドアシーンでも注目の存在となりそうです。

●アウトドア派が憧れる孤高の存在! 三菱「デリカD:5」

 国内の三菱車唯一のミニバンである「デリカD:5(ディーファイブ)」は、他社にはない独自のキャラクターが特徴です。

 たくましいスクエアフォルムと、リフトアップされた車高の組み合わせは、同社が得意とするSUVのテイストがふんだんに盛り込まれています。

 もちろん見た目のドレスアップ効果を狙ったわけではなく、悪路での走破性が重視された結果なのはいうまでもありません。

 そんなデリカD:5は、2019年に大規模なマイナーチェンジを実施。2.2リッタークリーンターボディーゼルエンジンと8速AT、電子制御4WDの組み合わせのみという硬派な設定に絞られています。

 このマイナーチェンジを機に、三菱の最新デザインテイスト「ダイナミックシールド」を採用し、外観イメージも一新。併せて最新のADAS(先進運転支援機能)も搭載されました。

 タフなイメージをさらに増したデリカD:5は、その唯一無二な存在でこの先もアウトドア派ユーザーを中心に根強い支持を集め続けることでしょう。

トヨタ・シエンタ のカタログ情報を見る

ホンダ・ステップワゴン のカタログ情報を見る

三菱・デリカD:5 のカタログ情報を見る

【画像】「アウトドア映えするミニバン」ってどんなクルマ!? 写真で見てみる(38枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント