未発売の新型「SUV」で最速「ごろ寝」実施! 車中泊は出来る? BYD「アットスリー」の寝心地はいかに

BYDジャパンは2022年7月21日、日本の乗用車市場への参入を発表。導入するEV(電気自動車)3モデルを公開しました。先行販売予定のSUV「ATTO 3(アットスリー)」で車中泊できるのか、どこよりも早く「ごろ寝」してみることに。

EVやPHEV、FCVなどの先進エコカー販売世界No.1! 中国・BYDがついに日本進出

 2022年7月21日、中国・BYD(ビーワイディー)の日本法人 BYDジャパンは、日本の乗用車市場への参入を発表しました。2023年1月以降、BEVの3モデルを順次販売していくとしています。
 
 まず先行して導入されるミドルサイズの電気SUV「ATTO 3(アットスリー)」にいち早く試乗。さっそく新型ATTO 3で車中泊ができるか、編集部員が実際に寝転んで確かめてみることにしました。

日本最速!? 2023年1月の国内導入を予定する中国・BYD製ミドルサイズe-SUV(電動SUV)「ATTO 3(アットスリー)」に寝てみた!
日本最速!? 2023年1月の国内導入を予定する中国・BYD製ミドルサイズe-SUV(電動SUV)「ATTO 3(アットスリー)」に寝てみた!

 BYDは、1995年に創業。自動車のみならず、ITエレクトロニクス、新エネルギー、都市モビリティの4つの領域で事業をグローバルに展開している中国企業です。

 日本法人も2005年に設立され、国内でEVバスやEVフォークリフトなどを中心に事業を展開しています。

 バッテリーメーカーとして創業した経緯もあって、バッテリーのみならずモーターやコントローラーなど電気自動車の根幹をなす技術を自社で開発・製造しているのが特徴です。

 なかでも自動車事業は世界の70を超える国と国を超える地域、400超の都市で新エネルギー車(NEV:New Energy Vehicle/EV、PHEV(プラグインハイブリッド)、FCV(燃料電池車)のBYDにおける総称)を展開しています。

 2021年には約60万台のNEVを販売し、中国では9年連続でNEV販売台数1位を獲得。さらに2022年1月から6月は前年同期比3倍超となる約64万台を販売し、NEV販売台数世界No.1の記録をマークしました。

 今回、BYDジャパンの乗用車部門子会社としてBYD Auto Japanを2022年7月4日付で設立し、日本への本格参入を図るといいます。

※ ※ ※

 BYD Auto Japanは、国内導入に際し3モデルを用意しています。

 まず2023年1月に第一弾として販売されるのがミドルサイズSUV型のEV、ATTO 3(アットスリー)です。

 2022年2月に中国で発売を開始し、現在はシンガポールやオーストラリアなどでも販売されています。

 ボディサイズは全長4455mm×全幅1875mm×全高1615mm、ホイールベース2720mm。乗車定員は5名です。

 トヨタのコンパクトSUV「カローラクロス」(全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベース2640mm)と近い大きさで、街中でも扱いやすいサイズ感といえるでしょう。

 専用プラットフォーム「e-Platform 3.0」に搭載されるバッテリー容量は58.56kWh。モーターの最高出力は150kW、最大トルクは310Nmを発揮し、前輪を駆動。航続距離は485km(WLTCモード測定値)と充分な性能を誇ります。

【画像】「これが中国製EVの実力だ!」日本販売予定のBYD新型車「ATTO 3(アットスリー)」内外装を写真で見る(38枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「眠れる」ことと「寝れる(横になれる)」は違うと思うけど。ある程度余裕が無いと寝返りもできない。
    更には「疲れていたり睡魔に襲われていたら眠れる」ことと「横になったら自然と安眠できる」も違う訳で。そういう意味では車中泊に重要なのは平らで窮屈さが無いということですね。長さは身長+10cmは欲しいです。