限定500台で予約殺到! スペシャルマシン「GRMNヤリス」の精神をGRヤリスにも注入できる!? 「GRMNパーツ」に期待大

2022年夏発売予定の限定車「GRMNヤリス」が持つ特別な性能を、GRヤリスオーナーでも体感できる「GRMNパーツ」が登場する見込みです。

「GRMNヤリス」限定500台に対し1万人以上の予約が殺到!?

「東京オートサロン2022」で初公開され、2022年夏に発売予定の数量限定モデル「GRMNヤリス」は、限定500台に対して1万2000人から1万3000人の商談申し込みがあったそうです。

 当選者には連絡があり、契約も順調に進んでいると聞きます。もちろん、キャンセルもあるため繰り上げ当選の連絡が来ている人もいるようですが、筆者(山本シンヤ)のところには、未だに連絡は来ていません。

サーキット走行が楽しい! 限定500台に1万人以上の希望が殺到したというトヨタ「GRMNヤリス」
サーキット走行が楽しい! 限定500台に1万人以上の希望が殺到したというトヨタ「GRMNヤリス」

 はい、筆者もGRMNヤリスの商談申し込みをしました。

 そんな話を同業者にすると「シンヤさんは絶対当たるでしょ。ひと足先に試乗もしているんだし」といわれ、少しだけ淡い期待をしましたが、GRは甘くありません。

 逆をいえば、厳正な抽選がおこなわれたということです。当選しなかった人は、指を咥えて見ているだけなのか。

 いや、そんなことはありません。筆者を含むGRMNヤリスの商談申し込みをした人には豊田章男社長からお手紙が送られてきており、そこにはこのように書かれています(括弧内は筆者補足)。

「近いうちにGRMNヤリスが相棒になる方は、モータースポーツでそのまま使える車両なので、是非サーキットでそのポテンシャルを感じてください。

 また、残念ながらそうならなかった方も、GRMNヤリスの『走り』と『ドキドキ』を(カタログモデルの)GRヤリスで感じることのできるGRパーツ(GRMNパーツ)を販売するので、是非お楽しみください」

 GRMNパーツ、どのような商品がラインアップされているのでしょうか。

 開発テーマはズバリ「GRMNの開放」です。

 といっても、単にGRMNヤリスのパーツを水平展開するのではなく、タイヤの違い/ボディ補強の違い/車両重量の違いなどを考慮し、GRヤリスに最適となるようプロドライバーと共にチューニングされています。

 エクステリアは「カーボンボンネット」と「カーボンウイング」が用意されました。

 カーボンボンネットは、軽量化はもちろん、ダクトの追加による冷却効果アップも期待できます。GRMNヤリスはカーボン柄+クリア塗装のみとなっていますが、GRヤリス用は外面ボディ同色仕様も検討中といいます。

 カーボンウイングは、個人的には待望のアイテムのひとつです。

 実はGRMNヤリス サーキットパッケージに装着されるフロント/サイド/リアのアンダースポイラーは、GRヤリス用GRパーツとして市販されているもので、筆者を含めた多くのGRヤリスオーナーが装着しているものの、空力バランスが若干、前寄りになるのが気になっていました。そのような空力バランスが適正化できるのは朗報といえます。

【画像】GRヤリスオーナー垂涎の「GRMNヤリス」と特別な「GRMNパーツ」を写真で見る(66枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント