自動車税が安く済む? よく聞く「1&4ナンバー登録」って何? 車中泊に最適な新型「アトレー」はなぜ4ナンバー化した?

毎年5月末が納期限となる「自動車税」。クルマの用途による分類や総排気量によって税額が確定しますが、「1&4ナンバー登録」にすると安く済むといいます。なぜなのでしょうか。

毎年高い自動車税…貨物車登録すると安くなる?

 自動車税とは、毎年4月1日になった段階で、車検証に記載されているクルマの持ち主に対してかかる税金のことです。
 
 クルマの用途による分類や総排気量によって税額が確定しますが、「1&4ナンバー登録」にすると安く済むといいます。なぜなのでしょうか。

1&4ナンバー車の自動車税が安い!? 新型アトレーは4ナンバー化!
1&4ナンバー車の自動車税が安い!? 新型アトレーは4ナンバー化!

 自動車税はクルマの用途による分類や総排気量によって税額が決められており、自家用車では軽自動車の1万800円がもっとも安く、6リッター超の11万1000円が最高額となっており、一定年数が経過したクルマにはおおむね15%の重課があります。

 しかし、この自動車税には、安くする方法として、自家用車ではなく貨物車として登録する方法が存在。

 クルマはナンバーによって用途を10種類に分類されており、一般的な自家用車は普通自動車の3ナンバーもしくは小型乗用自動車の5ナンバーです。

 一方、貨物車に分類されるのは、大型トラックや普通貨物自動車である1ナンバー。

 一方の小型貨物自動車は、軽トラックや商用バンなど「長さ4.70m、幅1.70m、高さ2.00m、排気量2000cc」に当てはまるものが4ナンバーです。

 前述したように、自家用乗用車は排気量によって自動車税が決められていますが、貨物車では積載量によって税額が決められます。

 そして、現在の税法では自家用車よりも貨物車のほうが自動車税は安くなっているのです。

 1ナンバーに該当する普通貨物自動車では、自動車税額は最大積載量「1トン以下」で8000円、「1トン超2トン以下」1万1500円、「2トン超3トン以下」1万6000円。

「3トン超4トン以下」2万0500円、「4トン超5トン以下」2万5500円、「5トン超6トン以下」3万円、「6トン超7トン以下」3万5000円、「7トン超8トン以下」4万0500円です。

 自家用車と貨物車では、自動車税額を決定する要素が異なるため単純な比較は難しいですが、それでも数字だけを見ると非常に安く設定されていることが分かるのではないでしょうか。

 また、4ナンバーの最大積載量は「1トン以下」であれば8000円、「1トン超2トン以下」1万1500円、「2トン超3トン以下」1万6000円、「3トン超4トン以下」2万500円、「4トン超5トン以下」2万5500円。

「5トン超6トン以下」3万円、「6トン超7トン以下」3万5000円、「7トン超8トン以下」4万500円となっており、4ナンバー登録された軽自動車の自動車税は5000円です。

 実際に自家用車を貨物車登録している男性は次のように話しています。

「自動車税のみならず重量税も安いので助かります。

 一方で、車検は新車登録から2年で、その後は毎年受けなければならないです。

 それを差し引いても、貨物車登録のほうがコストは抑えられるので、満足しています」

※ ※ ※

 なお、2021年12月にフルモデルチェンジを遂げたダイハツ新型「アトレー」はこれまでの乗用車(5ナンバー車)から商用車(4ナンバー車)へと変更されました。

 その背景について、ダイハツは「アトレーは2人利用が多いことや、荷物を多く積むこと、後席+荷室空間を車中泊で使うといったケースが多かったため」と話しています。

【画像】オジサン歓喜! 4ナンバー化「アトレー車中泊仕様」がスゴイ! 実車を写真で見る!(26枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー装着車
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」装着車
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」装着車
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 記事のタイトルから「乗用車を貨物車登録する方法」かと思ったら違った。

  2. 乗用車も貨物車もどちらも自家用車です。事業用か自家用に別けられていたのでは?