世界初機能を採用したホンダ新型「快適ミニバン」発表! 6代目ステップワゴンは指一本で「触れるだけ!」の感動装備を設定

2022年5月26日、6代目となる新型ステップワゴンがホンダから正式発表されました。新型ではどのような新装備が採用されたのか解説します。

オットマンやロングスライド機構を追加したセカンドシートを新採用

 ホンダは2022年5月26日、ミディアムクラスの3列シートミニバン「ステップワゴン」をフルモデルチェンジしました。
 
 1996年5月にデビューした初代モデルから丸26年が経過し、新型で6代目という長い歴史を持つモデルです。
 
 新型ステップワゴンでは、どのような新装備が搭載されたのでしょうか。

ホンダ 新型ステップワゴン「SPADA PREMIUM LINE(スパーダ プレミアムライン)」
ホンダ 新型ステップワゴン「SPADA PREMIUM LINE(スパーダ プレミアムライン)」

 新型ステップワゴンは、シンプルな外観デザインと広い室内を組み合わせ、乗員が安心して移動を楽しめる空間と走りを目指し開発されました。

 ユーザーのライフスタイルや暮らしのイメージにあわせ選択できるよう「ステップワゴン AIR(エアー)」と「ステップワゴン SPADA(スパーダ)」の2タイプが用意されます。

 1.5リッターガソリンターボエンジン車と、2リッター2モーター式ハイブリッド「e:HEV(イーエイチイーブイ)」車を設定しています。

 新たな装備や機能を中心に、新型ステップワゴンの特徴について、順に紹介していきましょう。

 まずシートレイアウトですが、2列目席(セカンドシート)は左右独立型のキャプテンシート仕様を標準とし、3人掛けのベンチシートがオプションで選択できます。

 キャプテンシートにはシートベルトを内蔵し、ホンダ初となる「ワンアクションレバー」の操作による左右スライド機能や、無段階調整式のアームレストを備えます。

 シートを内側に寄せることで最大865mmの前後ロングスライド量を実現させたほか、SPADA系のキャプテンシートには「オットマン」も初装備され、快適度が大幅に上がりました。

3列目席(サードシート)は、先代ステップワゴン同様に床下収納式です。

 先代に対し着座位置を上げ、前方のシートやヘッドレストの形状を工夫することで視界を改善させたほか、シートクッションの厚みも増し、座り心地を向上させています。

 なおAIRとSPADAのシート地には、飲みものや油ものなどをうっかりこぼしてもサッとふき取りやすい、撥水・撥油性の高い「FABTECT(ファブテクト)」素材のファブリックを採用します。

 さらにSPADAの上級仕様として、スエード調表皮プライムスムースのコンビシートを採用し、外装にもプラチナ調クロームメッキ加飾や専用17インチアルミホイールなどの専用装備を加えた「SPADA PREMIUM LINE(プレミアムライン)」も設定されます。

※ ※ ※

 後席の両側パワースライドドアは、従来のハンドル操作に加え、「静電タッチセンサー式」を世界初採用。軽く指先を触れるだけで開閉ができるようになりました。

 また歴代ステップワゴンで初の採用となる「パワーテールゲート」がSPADA系に標準装備されます。

 開く角度を任意に設定可能なメモリー機能を追加することで、狭いところでの使い勝手を向上させています。

 ただしAIRにはパワーテールゲートの設定はありません。

【画像】セカンドシートの快適度も大幅アップ! 新型ステップワゴンの内外装写真を見る(57枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

ホンダ 新型ステップワゴン SPADAの内装・インパネまわり
1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント