なぜ? ボンネットの「穴」に誰かが居る!? 開けたらびっくり! エンジンルーム内に居た「かわいい」奴らとは

SNSでは、とある動物がエンジンルーム内に入り込んでしまうトラブルが、大きな話題となっています。一体、どんな動物が入り込んでしまったのでしょうか。

エンジンルーム内に草がパンパン? 何が起こった?

 クルマのエンジンルームや下回りには、動物が入り込んでしまうことがあります。
 
 SNSでは、とある動物がエンジンルーム内に入り込んでしまうトラブルが、大きな話題となっています。
 
 一体、どんな動物が入り込んでしまったのでしょうか。

エアインテークからエンジンルーム内に侵入!? 内部にはなんと鳥の巣は出来ていた!? (画像は投稿とは別の先代レヴォーグのボンネット)
エアインテークからエンジンルーム内に侵入!? 内部にはなんと鳥の巣は出来ていた!? (画像は投稿とは別の先代レヴォーグのボンネット)

 寒い冬の時期になると、ネコがクルマのエンジンルーム内に入り込んでしまった事例などをよく耳にします。

 実際に、JAFでは、そうした事例によって出動要請を受けたり、ネコ以外にもヘビやネズミが入り込んだ事例もあったことを明らかにしています。

 そんな動物入り込みの事例ですが、最近SNSでとある動物が入り込んだトラブルが大きな話題となっています。

 トラブルについて投稿したのは、「鈴木 尊え(@tkykszk_36)」さんで、スバル「レヴォーグ」のオーナーです。

 2022年5月21日、鈴木 尊えさんは「2ヶ月間車に乗れず、帰ってきて見てみたら、鳥が出てきたので確認したら鳥の巣が(泣)こんなことってあるぅぅ!?!?」と、1枚のエンジンルームの写真を投稿。

 写真を見てみると、エンジンルームのちょうどエンジンカバーの上部あたりに草がびっしりと敷き詰められた様子となっています。

 夜間に撮影されており、はっきりとは視認できませんが、中心部にくぼみがあり、羽毛のようなものが見て取れます。

 鈴木 尊えさんは、当該投稿で「ヒナちゃんいたら困るので、市役所に連絡してみたいと思います」としていますが、その後どうなったのでしょうか。

 このトラブルのその後について、鈴木 尊えさんは以下のように話します。

「巣を発見したのが、5月21日の夜で、5月22日に改めて市役所へ連絡しましたが、このような事例がなく、対応が難しいとのことでした。

 続いてディーラーに連絡したところ、クルマの走行には支障がなく、ヒナや巣を損傷させるような場所でもないので、そのまま店へ来てくださいとのことでした。

 その日は予約がいっぱいだったようですが、どうにか13時に予約を入れてもらい、向かいました。
 
 ディーラーの営業マンや整備士、市役所の人などが、動物病院などに電話をしてくださり、『自宅付近の木の高い位置に戻すことが最善策』という結論に至りました。

 ディーラーでは、巣があったエンジンルームの点検などをしていただき、その後、巣とヒナを箱に移して自宅に戻りました。

 自宅に着いたあと、付近に親鳥と見られる鳥が居たので、近くの木に脚立を使って巣とヒナを移動しました」

 なお、巣のなかにいたのは3、4羽ほどのハクセキレイのヒナだったといいます。

 鈴木 尊えさんご自身に加え、ディーラーや市役所など、さまざまな機関の協力により、クルマもヒナも無事な状態で帰宅することができたようです。

 ただ、鈴木 尊えさんは「この選択が正しかったかどうかは、わかりません。人の手を加えてしまったので、ヒナたちの成長を困難にさせてしまったとも思っております」とも話しており、今後のヒナの成長を心配している様子を見せます。

【画像】え!? こんな所に「鳥の巣」が誕生!? エンジンルーム内の神秘を写真で見る!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント