新名神で昼夜連続車線規制行や夜間通行止め 最大20kmの渋滞も予測 7月に集中工事

2022年7月に、新名神で集中工事が計画されています。これに伴い昼夜連続の車線規制や夜間通行止めが予定されており、通る際は注意が必要です。

亀山西~草津で最大20kmの渋滞を予測

 2022年7月に、新名神の新四日市JCT~草津JCT間で、集中工事が実施されます。

新名神高速集中工事では6車線化工事も推進される(画像:NEXCO中日本)
新名神高速集中工事では6車線化工事も推進される(画像:NEXCO中日本)

 期間中は昼夜連続の車線規制や夜間の通行止めが予定されており、亀山西JCT~草津JCT間の上下線でそれぞれ最大20km以上の渋滞が予測されています。

 NEXCO中日本名古屋支社とNEXCO西日本関西支社は、「東名・名神、名二環、東名阪道、名阪国道、名古屋高速などへの迂回や、お出かけ時間の変更、公共交通機関の利用のご検討をお願いいたします」と呼び掛けています。

 車線規制は、新四日市JCT~草津JCT間の上下線で、7月11日0時から16日6時までと、19日0時から23日6時まで実施されます。

 夜間通行止めは、下りの菰野IC~亀山西JCT間は、7月11日から13日までの各日21時から翌6時まで。上下線の甲賀土山IC~草津JCT間は、7月11日から15日までの各日20時から翌6時までの予定です。

 なお、夜間通行止めは7月19日まで予備日が設定されています。

 夜間通行止め時に、通行止め区間(乗継指定IC間)を一般道で迂回して、再度同一方向の高速道路に乗り継いだ場合、ETC車を対象に料金調整が実施されます(諸条件あり)。

※ ※ ※

 集中工事は、新名神に先駆けて伊勢湾岸道でも6月18日から7月6日にかけて実施されます。対象区間は豊明IC~湾岸長島IC間で、こちらも昼夜連続の車線規制や、夜間通行止めが予定されています。

【画像】集中工事の区間と期間を確認しておく(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 渋滞って、IC出口から始まるものだから、割り込み目的で追越し車線とかを塞いでしまう車が途中から割り込めないように、1km以上手前から車線を物理的に分けるとか。
    出口が詰まったら停車禁止で次のICへ車を強制的に流すとか。もしくは渋滞が予測される日や時間帯はETCのみ走行可能とか、ETC以外を禁止にしてすべてETCレーンにするとか。あとは、警察と連携して、IC出口の交差点の信号を少し長めにして貰うとか。
    自分は高速道路が嫌いなので利用することは年に1~2回で深夜早朝のみ。だから好き勝手言いたい放題言えますが、そもそも渋滞するのを分かっててわざわざ渋滞に嵌まる考えが解らないので。

    • あら、まああまり高速乗らないとのことで仕方ないのかもしれないですが、料金所先頭の渋滞なんて今は殆ど無いんですよ。
      もちろんゼロではないですが、現金車よりやはり出た先の信号が主な原因ですね。警察に調整してもらうのは是非ともやってもらいたい。
      また別に渋滞したってやはり高速は楽。同乗者とお話してればいいから別にいいという人だっていると思いますよ。

    • あの道は基本ジャンクションが渋滞の場所で、他の高速線(メイン)と合流するのにこちらの車線が減っているから工事がなくても慢性的に渋滞しているはずだけどな。
      それに”渋滞”は道路工学で窪地状の道で下り坂と上り坂とか、トンネルの光量変化で心理的に減速するとかいくつかの原因が示されているわけで、昔はさておいても今はICでの渋滞は単に降りないだけの渋滞でメインが動いていれば問題がないし、ICを降りることでメインまで渋滞することは皆無と言っていいほど少ない。
      ICで渋滞しているのはそもそもIC近くの信号よりも市中への進入量の方が問題で、IC閉鎖(季節によってする場所はある)はさておいても信号を長くしても解決はしない。