トヨタ「ハイエース」のバックドアが観音開き!? ワイドにひらく斬新仕様が豪で設定へ

オーストラリアで、トヨタ「ハイエース」に観音開きドアのオプションが設定される予定です。一体どのような仕様なのでしょうか。

オーストラリアのハイエースは日本とは違う!?

 トヨタのオーストラリア法人は、「ハイエース」のバックドア(リアゲート)のオプションとして、観音開きタイプを設定予定であることを明らかにしました。

オーストラリアで販売されるトヨタ「300系ハイエース」
オーストラリアで販売されるトヨタ「300系ハイエース」

 2022年4月現在、日本で販売されるハイエースは2004年に発売された「200系」ですが、海外では2019年に東南アジア向けを皮切りに、新型ハイエース(300系)が登場。オーストラリアでも300系ハイエースがラインナップされています。

 オーストラリア仕様の300系ハイエースにオプション設定される観音開きのバックドアは、ワイドに開くことから荷物の出し入れがしやすくなっており、顧客の強い要望により実現しました。

 トヨタのオーストラリア法人によると、このドアを採用することでハイエースの選択肢を拡大する狙いがあるといいます。

 観音開きドアをオプション設定したハイエースは、2022年後半にオーストラリアで発売される予定です。

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】バックドアがガバっと開く! 豪仕様の「300系ハイエース」は日本仕様とどう違う? (18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 観音ドアは従来型より開口部が広いとうたいながら、両車の並んだ写真が無い。
    読者を小馬鹿にしたような記事で見る価値無し。