スズキ「新型SUV」しれっと復活!? 297万円の新型「エスクード」発売! 外観もプチ進化!?

スズキは、ストロングハイブリッド仕様の新型「エスクード」を2022年4月21日に発売しました。エスクードとしてはおよそ半年ぶりの復活発売となりますが、どのような仕様で登場したのでしょうか。

ヘッドライトやアルミホイールの意匠も変更

 スズキは、コンパクトSUV「エスクード」(4代目)に新たにストロングハイブリッドシステムを搭載し、2022年4月21日より発売しました。

 日本において、4代目エスクードは2021年9月に一度終売していたものの、今回ひっそりと復活。4代目エスクードは、これまでどのような経緯を辿ってきたのでしょうか。

ストロングハイブリッドを搭載したスズキ「エスクード」
ストロングハイブリッドを搭載したスズキ「エスクード」

 現行モデルとなる4代目エスクードは、2015年に登場。

 エスクードとしては歴代ではじめてラダーフレームを排し、完全なモノコックボディとなったほか、FFレイアウトを採用しています。

 外観は、重厚感のあるクラムシェル型のボンネットが用いられているほか、躍動感のあるキャラクターラインや、力強いフロントグリル意匠により、SUVらしいスポーティさとたくましさを両立しています。

 その後、エンジンラインナップの見直しや一部改良、特別仕様車の追加などがおこなわれた後、前述のとおり日本向けの販売を一時終了。

 そして今回、ストロングハイブリッド仕様としてエスクードが再発売されました。

 搭載されるハイブリッドシステムは、システム電圧やリチウムイオンバッテリーの容量、モーターの最大出力、トルクの変更により、EV走行が可能な時間や速度の範囲を拡大。

 回生協調ブレーキや後退時のEV走行をスズキで初採用しています。WLTCモード燃費は19.6km/Lです。

 搭載されるエンジンは、排気量1.5リッターのK15Cデュアルジェットエンジンを採用するほか、トランスミッションは6速AGSを国内スズキ車として初採用。4WDシステム「ALLGRIP」と組み合わせることで、力強い走りを演出します。

 また予防安全機能では標識認識機能の追加、ハイビーム時のヘッドライトとフォグランプのLED化がおこなわれたほか、ヘッドライトやアルミホイールの意匠変更などデザインもブラッシュアップされます。

 ストロングハイブリッド仕様のエスクードは1グレード展開で、価格(消費税込)は297万円です。

 登場から7年が経過したいま、さらなる進化を遂げた4代目エスクードに注目が集まります。

 それではここでクイズです。

 4代目エスクードは、コンセプトにあたるモデル「iV-4」が2013年9月にとあるモーターショーで初公開されていました。そのモーターショーとして正しいものは、次のうちどれでしょうか。

【1】パリモーターショー

【2】北京モーターショー

【3】フランクフルトモーターショー

【4】東京モーターショー

※ ※ ※

 正規は【3】の「フランクフルトモーターショー」です。

 スズキは2013年9月10日にiV-4をフランクフルトモーターショー2013で初公開しましたが、このときiV-4をベースとした量産SUVを2015年に投入する予定と明らかにしていました。

 前述のとおり、その後2015年に市販モデルとして4代目エスクード(欧州名:ビターラ)が投入されています。

※クイズの出典元:カーデイズ

●カーデイズ 公式ウェブサイト

スズキ・エスクード のカタログ情報を見る

【画像】中身が超進化! スズキ新型「エスクード」半年ぶり復活で発売! 画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント