新型「アトレー」の「ミニアルファード」仕様がスゴい! スゴい顔のSUVも続々登場!? ある意味アルファード化が止まらない?

トヨタ「アルファード」といえば、存在感あるデザインと高級感が特徴です。最近は同様のコンセプトを特徴とするモデルも増えています。もしかして車種問わず「アルファード化」が進んでいるのでしょうか。

トヨタ「アルファード」だけじゃない…最近登場した存在感あるデザインと高級感を持つクルマ達

 日本メーカーのモデルラインナップにおいて存在感あるフェイスデザインを採用した代表格がトヨタ「アルファード」です。
 
 その迫力のあるデザインや内外装の高級感などが、日本をはじめアジアでも高い人気を誇っています。
 
 では、最近登場した新型モデルのなかでアルファード並みの存在感を持つフェイスデザインにはどのようなものがあるのでしょうか。

まるで「ミニアルファード」 ダイハツ新型アトレーをベースにした「アトレープレミアムVer.」
まるで「ミニアルファード」 ダイハツ新型アトレーをベースにした「アトレープレミアムVer.」

 存在感のあるフェイスデザインに関して、巷では「オラオラ顔」「ゴツい顔」といった表現も見受けられます。
 
 近年、軽自動車ジャンルのなかのハイトワゴンにおいて、存在感のあるオラオラ顔ともいえるデザインを採用しているモデルがあります。

 例えば、ホンダ「N-BOXカスタム」、スズキ「スペーシアカスタム」、ダイハツ「タントカスタム」、日産「ルークスハイウェイスター」などが挙げられます。

 なかでもダイハツは新型「アトレー」のRSグレードをベースにした「アトレー プレミアムver(コンセプトモデル).」を東京オートサロン2022でお披露目しました。

 このアトレーは、内外装にプレミアム感のある専用パーツや車高調などを採用することで、ベースとなる新型アトレーの世界観を進化させています。

 外装は、ホワイトのボディカラーとルーフをブラックアウトした2トーンを採用。フェイスデザインには、ブラックの面積を拡大したオリジナルのフロントバンパー/グリル(LEDデイライト付)、リアスカート、サイドストーンガードを採用。

 そのほか。ブラックのルーフエンドスポイラーやインナーヘッドランプ、インテリアに本革風シートカバーを盛り込むことでプレミアムな世界観を演出しました。

 SNSでは「タントカスタムとは違う格好良さがあって良い」、「新型アトレープレミアムVer.めちゃめちゃカッコええ」、「俺のアガりのクルマ。これになりそう」、「ミニアルファードみたい」、「軽にもオラオラ顔か」などさまざまな声が見られます。

 また、最近登場した迫力のあるプレミアムなフェイスデザインといえば、マツダが2022年4月7日に新世代ラージ商品群の第一弾として世界初公開したクロスオーバーSUVの新型「CX-60」です。

 新型CX-60のエクステリアは、日本の「間」をコンセプトとした最新の「魂動デザイン」により知性と気品を持ち合わせました。

 とくにフロントグリルは「CX-5」や「CXや」よりも大きくなり厚みのある造形により、存在感のあるフェイスとなっています。

 新型CX-60についてSNSでは「CX-60めちゃくちゃかっこいい」、「CX-60イケメンだーーー」、「高級感カチ上がってる」、「まさか日本からこんな車が出てこようとは思ってもいなかった。」などの声が見られます。

 なお、マツダによれば新型CX-60は「Less is more-引き算の美」によって磨き上げられたモデルだといい、SUVの新たなスタンダードとして提案するとしており、発売後のユーザー反響にも注目が集まります。

 新型CX-60の国内発売は、2022年初秋の予定です。

【画像】存在感はアルファード並!? オラ顔アトレー新型SUVのド迫力フェイスが凄い!(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 一言、変!!!!!
    普通にスピンドルグリルでよくない? トヨタ系なんだし?

  2. 無理やり感がすごい・・・
    フロントとサイド・リアの統一感のなさ
    元々、不人気なのに、さらに不格好にしてどうするの ⁓⁓⁓

    • 無理やり感がある、下に間延びしたみたいでダサすぎる、こんなん恥ずかしくて乗れん