ミニバンみたいなハイエース!? 「スーパーGL」「ダークプライムII」は仕事も遊びもフル活用できる“究極の実用車”だった

2022年4月13日、トヨタは商用車「ハイエース」を一部改良しました。改良前に設定された個人ユーザー向けの特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”(ダークプライムツー)」も好評なため、引き続き販売されています。ベースのスーパーGLと共に、根強い人気の理由について改めてチェックしてみましょう。

個人ユーザーから絶大な支持を集め続けるハイエースバン「スーパーGL」

 トヨタの商用車「ハイエースバン」は、配送業などの法人ユーザーに加え、個人ユーザーからの支持も根強いモデルです。建築業などに携わる個人事業主オーナーに加え、近年はアウトドアレジャーの趣味に活用するケースも増えています。

 こうした需要に応え、長年にわたり支持を集め続けてきたハイエースバンの上位グレードが「SUPER GL(スーパージーエル、以下スーパーGL)」です。

トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車)[2022年4月一部改良モデル]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車)[2022年4月一部改良モデル]

 ハイエースバン スーパーGLは中古車市場でも根強い人気があり、例え走行距離が多い個体でも、高値で取引きされています。その理由は、他にない使い勝手の良さにあります。

 なかでも最大の特徴は、2列目シートにあります。

 通常のハイエースバンは荷室への積載を重視し、2列目シートは極めて小ぶりです。折りたたんで使用することを前提としたサイズになっているためです。

 これに対しスーパーGLの2列目シートには、ミニバンのように大ぶりな3人掛け席が備わります。

 120mmのスライド機構やフルリクライニング機構も備わり、大人5人でゆったりと乗車できてミニバン的に使えるのは、他のグレードにはない大きな利点となります。

 つまりハイエースバン スーパーGLなら、平日は仕事で荷物や仕事道具を満載し、週末はミニバン的にと、1台で兼用することも可能な訳です。

 貨客両用でフル活用できる実用性の高さこそが、スーパーGLが支持を集める大きな理由となっているのです。

【画像】このリアシートがイイ! ハイエースバン スーパーGLと特別仕様車「ダークプライムII」の内外装を写真でもっと見てみる(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車)[2022年4月一部改良モデル]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車) 内装・インパネまわり[写真は2020年一部改良時のモデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シート[写真は2017年11月一部改良モデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエース SUPER GL(スーパージーエル)特別仕様車“DARK PRIME II”(ダークプライムツー)[写真は2018年発売当初のモデル]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車)[2022年4月一部改良モデル]
1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント