黒ホイールで迫力アップ! トヨタ「ハイエース」のカスタムが存在感スゴイ! モデリスタの新パーツ登場

2022年4月13日に一部改良がおこなわれたトヨタ「ハイエース」向けに、モデリスタが新たなデザインのホイールをラインナップしました。

モデリスタが2種類の新ホイールを設定

 トヨタ「ハイエース」の一部改良に伴い、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは「モデリスタ」のカスタマイズパーツを新たに追加しました。

モデリスタの新ホイールやカスタムパーツを装着したトヨタ「ハイエース」
モデリスタの新ホイールやカスタムパーツを装着したトヨタ「ハイエース」

 今回の改良モデルのハイエース向けにホイールラインナップを刷新。

 新商品の「KOSEI ベアロックBISON(バイソン)<ブラック>」はブラックのダブルスポークがスポーティかつ凄みのあるダイナミックなイメージを演出。

「KOSEI ベアロックNOVE(ノーヴァ)<ブラック×ポリッシュ>」は5本の切削面と対になるようにブラックスポークが連なり、シンプルなスタイリッシュさを際立たせました。

 従来からラインナップしているエアロパーツやインテリアパーツは引き続き設定されており、これらのカスタムパーツに新商品のホイールが加わることで、ハイエースの存在感をさらに引き立てます。

 価格(消費税込)はバイソン、ノーヴァともに15インチホイールセットが11万円(2022年5月下旬販売予定)、バイソンの15インチホイールにファルケンタイヤを装着したセットが21万1200円(同年6月下旬販売予定)です。

※ ※ ※

 2022年4月13日に発売された改良モデルのハイエース(バン・ワゴン・コミューター)は、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)を標準装備化。

 またディーゼルエンジン車は燃費を向上し、「平成27年度燃費基準+15%達成」とあわせ、エコカー減税対象となりました。

 さらに、「スーパーGL(バン)」と「GL(ワゴン)」に標準装備されるフロントフォグランプをLED化したほか、ウェルキャブならびにTECS(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良が施されます。

>月額定額制で新車に乗れる! 今話題のトヨタのサービス「KINTO」はこちら

【画像】凄みのある黒ホイールがイカす! モデリスタカスタムで迫力増したハイエース(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント