ミシュランの最新スポーツタイヤってどんな印象? 注目の「パイロットスポーツ5」を試してみた

2022年3月に登場したミシュランの最新スポーツタイヤが「パイロットスポーツ5」です。レースで培われた技術を採用したハイグリップタイヤといいますが、乗ってみてどんな印象だったのでしょうか。クローズドのテストコースで試してみました。

「サーキットも走れるストリートタイヤ」の進化版

 2022年3月に日本ミシュランタイヤから登場した「Pilot Sport 5(パイロットスポーツ5)」は、ミシュラン「パイロットスポーツ」シリーズの最新スポーツタイヤです。

ミシュランの新スポーツタイヤ「パイロットスポーツ5」装着車の走り
ミシュランの新スポーツタイヤ「パイロットスポーツ5」装着車の走り

 パイロットスポーツシリーズにはさまざまな商品がありますが、パイロットスポーツ5はその中でもっともストリート寄りのスポーツタイヤ、つまり「サーキットも走れるストリートタイヤ」という立ち位置になります。

 従来より定評のあった「パイロットスポーツ4」の後継モデルで、サイズは17インチから21インチまで、35シリーズから55シリーズまで全43サイズと、豊富なラインナップも特徴です。すべてオープン価格となります。

 今回の新タイヤ開発にあたり、ハイグリップスポーツタイヤに求められる性能だけでなく、ユーザーの求める「走る楽しさ」から「見た目の満足感」まで、求められるさまざまな性能領域を最大化したところが特徴といいます。

 トレッドパターンは新たに「デュアル・スポーツ・トレッドデザイン」を採用しました。

 これはイン側でウエット、アウト側でドライの性能を発揮する左右非対称のトレッドパターンで、イン側はボイドレシオを上げ排水性を高め、アウト側は大型ブロックを採用して高い剛性を確保。これにより、ウエット/ドライどちらの路面でも高いグリップを発揮するといいます。

 また、高強度で耐熱安定性に優れたハイブリッド・アラミド/ナイロンベルトを用いた「ダイナミック・レスポンステクノロジー」を採用。タイヤが路面と密着することで、ドライバーの意思を路面に伝え、意のままのハンドリングを実現しているといいます。またコーナリング時における接地圧分布を、より均等になるよう内部構造を最適化する「バリアブル・コンタクト・パッチ3.0」を採用することで、グリップ力とコントロール性が増し、安定したコーナリングを実現するそうです。

 これらの技術の採用により、先代パイロットスポーツ4と比較して、ウエットでの最速ラップタイムは約1.7%短縮、ウエットの平均ラップタイムも約1.5%短縮しています。

 タイヤの転がり抵抗性能とウエットグリップ性能を示すラベリングは、全43サイズ中42サイズが「A-a」、1サイズが「B-a」で、全サイズともウエットグリップ性能最高の「a」を取得しています。パイロットスポーツ5が属するカテゴリーはスポーツタイヤですが、ほとんどのサイズで「低燃費タイヤ」の基準を満たしているのも特徴です。
 
 さらにパイロットスポーツ5は、見た目にもこだわっているのがミシュランらしいところです。

 精緻な加工が施された「フルリング プレミアムタッチ」により、サイドウオール全周にわたりより深い黒をまとっています。これにより、クルマのスタイルをより引き締め、高級感を与えることに成功しています。

ミシュラン新型「パイロットスポーツ5」ってどんなタイヤ?詳細を【画像】で見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント