「いつ発売?」斬新グリルのスバル新型SUV「ソルテラ」に「欲しい」の声多数! 米では72時間で完売も

トヨタとの共同開発によって誕生したスバル新型「ソルテラ」。米国では発売から初期の販売台数分が72時間でほぼ完売したことが明らかになるなど人気ぶりが伺えます。一方でまだ国内での発売が発表されていないソルテラですが、ユーザーからの反響はどのようになっているのでしょうか。

米国では瞬時に完売!国内ユーザーからの声は?

 2021年11月11日にスバルは新たなEVとなる新型「ソルテラ」を世界初公開しています。
 
 発表時には「2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国等に導入を開始する予定」とアナウンスされており、まもなく日本でも正式発表がおこなわれると見られています。
 
 そうしたなかで、日本のユーザーからはどのような反響があるのでしょうか。

「早く欲しい!」の声も! スバル新型SUV「ソルテラ」への反響は?
「早く欲しい!」の声も! スバル新型SUV「ソルテラ」への反響は?

 新型ソルテラは、スバルの「Subaru Global Platform」で培った知見を活かし、BEV専用プラットフォームとしてトヨタと共同開発した「e-Subaru Global Platform」を採用しています。

 これにより、操縦安定性が高く、ドライバーのステアリング操作に対してリニアに反応するスバルらしい動的質感の高い走りを実現。

・また、BEVならではの構造として、車体下部に大容量バッテリーを搭載し、そのバッテリーを骨格の一部としても活用することで、低い重心高と、高いボディ強度・剛性を実現しています。

 新型ソルテラのボディサイズは全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mm。エクステリアは、シームレスな造形のヘキサゴングリルでBEVらしいエネルギー効率の良さを表現。

 インテリアは、高さを抑えたインパネデザインに加えて、ステアリングホイールの上から見るインパネ上部に「トップマウントメーター」をスバル初採用することで開放的な空間を実現しました。

 パワートレイン(日本仕様)には2WD/AWDが設定され、それぞれのモーターは2WD(150kW)、AWD(前後80kW)となり、バッテリーはリチウムイオン電池(71.4kWh)を搭載。これにより一充電走行距離(WLTCモード)は2WD(530km前後)、4WD(460km前後)となっています。

 なお、のAWDシステムとして、前輪と後輪をそれぞれ別のモーターで駆動する新システムを採用。これは、モーターならではの自在な制御に加えて、4WD技術を得意とするスバルが長年蓄積してきた4つのタイヤを緻密に制御する技術をあわせることで4輪のグリップ力を最大限に使った安心感の高い走りを実現します。

 そんな新型ソルテラですが、2022年2月8日には先立って米国での先行予約受付が開始。米国スバルは、開始から72時間で予定されていた初期分がほぼ完売してしまったことを明らかにしており、爆発的な人気ぶりがうかがえます。

 国内での発売はまだアナウンスされていませんが、ユーザーからはどのような声が挙げられているのでしょうか。

 SNSでは、実際に新型ソルテラを「見た」「乗車した」の声が多く見られ、乗車してみた感想を投稿している人も少なくありません。

 実は新型ソルテラは、2022年2月3日より東京・恵比寿の本社1階にあるショールーム「スバル スター スクエア」にて展示車両とされています。
 
 ほかにも、3月22日に開催された「東京マラソンEXPO 2021」では先導車として走行したり、4月2日から3日に代々木公園で開催されたイベント「アウトドアジャパン」でもスバルブースで展示されていたりと、ユーザーの目に直接触れる機会が度々ありました。

 ソルテラを直接見た・乗ったというユーザーからは、「これでアウトドア行きたい!」「乗車したら欲しくなった…!」「車格のわりにタイヤサイズがでかいなあ」と、興奮する様子が見て取れます。

 さらに、「実物は思ってたよりコンパクト」「乗ってみるとトヨタ感がある」「後席が広くてサンルーフも気持ち良い」という感想も挙げられており、ユーザー間でも「乗ってみてどうでした?」と情報を共有しあう様子が見られます。

 また、スバル販売店の担当者はユーザーからの問い合わせについて「まだ多くはない」としつつ、「現在のスバルユーザー様から詳細を聞かれたり、『出たら購入したい』といった声を聞くことはあります」と話します。

 ほかにも、SNSでは「ソルテラいくらなんだろう…」「高そう」など、値段について気にしている様子のユーザーもおり、今後の詳細発表を心待ちにしている人も多いようです。

 前述したように、ソルテラについては国内での発売発表がおこなわれていませんが、販売店担当者は「近い時期に発表されると聞いています」と話しており、米国での先行受注も考慮すると遠くない時期に購入できる日が来るといえそうです。

※ ※ ※

 なお、ソルテラは、トヨタからは「bZ4X」として発売される予定です。また、日産には同じSUVタイプのEV「アリア」がラインナップされており、今後、それぞれの立ち位置がどのように変化していくのかに注目です。

【画像】ド派手な赤ボディがスゴい! 新型ソルテラここに登場! 眩し過ぎる実車を見る!(43枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント