スタイリッシュ!? それともキワモノ? 「ひねり」が効いた昭和デザインの車3選

クルマの外観デザインは時代によって変化するユーザーのニーズや流行をキャッチアップし、絶えず変化を続けています。なかでも1980年代にはユニークなデザインのモデルも存在。そこで、ちょっと「ひねり」が効いた昭和デザインのクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

1980年代に発売された面白いデザインのクルマを振り返る

 クルマの販売台数を左右する重要な要素のひとつが外観デザインです。そのため、近年では発売よりも前にクルマの外観を公開する「ティザー」によって、PRをおこなうケースが増えています。

ユニークかつスタイリッシュで「ひねり」の効いたデザインが特徴のクルマたち
ユニークかつスタイリッシュで「ひねり」の効いたデザインが特徴のクルマたち

 もちろんクルマの場合は価格やスペックも重要ですが、まずは見た目の第一印象でユーザーに「購入したい」と思わせることが大事です。

 また、外観デザインは時代によって流行があり、ユーザーニーズの変化も反映する必要があり、各メーカーともデザインにはお金と時間、労力を惜しんでいません。

 そうしてつくられたクルマのなかには、ちょっとユニークなデザインのモデルも存在し、なかでも1980年代にはさまざまなデザインが試されていました。

 そこで、ちょっと「ひねり」が効いた昭和デザインのクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「アコード エアロデッキ」

まるで欧州のシューティングブレークを彷彿とさせるデザインの「アコード エアロデッキ」

 ホンダは1976年に、初代「シビック」の上位モデルとして初代「アコード」を発売しました。

 発売当初のボディは3ドアハッチバッククーペのみでしたが、翌1977年には4ドアセダンが追加され、1981年発売の2代目もハッチバックとセダンの2タイプを展開しました。

 そして、1985年に発売された3代目ではハッチバッククーペが廃止となり、代わってステーションワゴンタイプの3ドア車である「アコード エアロデッキ」がラインナップされました。

 3代目の特徴であるリトラクタブルヘッドライトを採用したシャープなフロントまわりはセダンと共通ながら、エアロデッキはロングルーフのキャビンによって、スポーティなフォルムを実現。

 エアロデッキは、まさにシューティングブレークそのものといっていいスタイリングでした。

 また、3代目アコードでは1988年にシリーズ初の米国製2ドアクーペの「アコードクーペ」も加わり、3タイプのボディで展開され、どれも歴代屈指のスポーティなデザインとなっていました。

 その後、1989年に4代目へフルモデルチェンジすると、4ドアセダン、2ドアクーペ、5ドアステーションワゴンのラインナップに改められ、エアロデッキは一代限りで消滅してしまいました。

 なお、エアロデッキは日本と欧州、ニュージーランドなどでも販売されましたが、北米では一般的な3ドアハッチバッククーペが販売され、3代目アコードは合計4タイプのボディバリエーションでした。

●日産「エクサ」

スタイリッシュなだけでなくユニークなボディラインナップを実現した「エクサ」

 昭和の時代のクルマは、1車種で複数のボディをラインナップするのが一般的で、1986年に発売された日産「エクサ」も、2タイプのボディを展開していました。

 日産は1978年に、次世代のFFベーシックカーとして初代「パルサー」を発売。1982年には2代目が登場し、ボディラインナップのひとつに2ドアクーペの「パルサーEXA(エクサ)」が加わりました。

 その後、1986年に「エクサ」へと改名され、独立した車種となり、ボディが一新されました。

 エクサはスポーティな3ドアハッチバッククーペとして開発され、リアハッチの形状によって2タイプに分かれていました。

 ひとつは一見するとノッチバック風スタイルの「エクサ クーペ」で、もうひとつはステーションワゴンに近い斬新なスタイルの「キャノピー」です。

 どちらのタイプもリアハッチを取り外すことで、リアシート上をオープン化することができ、さらにフロントシート側のルーフも「Tバールーフ」になっていたので、ボディ剛性をキープしたまま開放感を味わえるというユニークな仕様となっていました。

 なかでもキャノピーのリアハッチは、サイド部分まで広いグラスエリアとなっており、それだけでもユニークなデザインでした。

 なお、国内で販売したエクサはクーペとキャノピーでリアハッチの互換性がなく、お互いに載せ替えできない構造になっていましたが、海外仕様では互換性があり、1台で2タイプのボディが楽しめました。

 だたし、リアハッチの重量はかなりのもので、手軽に脱着するわけにはいかなかったようです。

日産・エクサ の中古車をさがす

●三菱「エテルナ」

ヨーロピアンな雰囲気のボディがユニークかつスポーティだった「エテルナ」

 かつて、三菱の主力車種の1台だった「ギャラン」は、1969年に初代が誕生しました。ボディは4ドアセダンを基本に、2ドアハードトップとライトバンを設定していました。

 その後も同様なボディラインナップで代を重ね、1983年には4ドアセダン(4ドアハードトップを含む)に一本化された5代目にあたる「ギャランΣ(シグマ)」がデビューし、さらに駆動方式がFFとなる大きな転機を迎えました。

 そして 1987年に登場した6代目では再び大きな転機を迎え、世界ラリー選手権(WRC)に参戦する目的から高性能セダンの「ギャラン VR-4」が登場し、スポーティかつラグジュアリーなモデルへとイメージチェンジが図られました。

 この6代目ギャランの姉妹車として、1988年に4代目「エテルナ」が登場。外観は、フロントまわりはギャランのデザインに準じてしましたが、キャビンは4ドアセダンのギャランに対し、5ドアハッチバックを採用。

 後部がハッチバックに作り替えられテールランプまわりも専用デザインで、全体のフォルムは伸びやかなクーペスタイルとなって、セダンのギャランとは大きく印象が異なり、ヨーロピアンな雰囲気のモデルに仕立てられていました。

 また、トップグレードの「エテルナ ZR-4」はギャラン VR-4と同じ最高出力205馬力を発揮する2リッター直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載し、駆動方式も同じくフルタイム4WDと、走りの性能はクラストップレベルでした。

 高性能でスタイリッシュなエテルナでしたが、当時の日本では「5ドアハッチバックは売れない」というジンクスがあり、エテルナもジンクスどおり人気とはなりませんでした。

 そのため、1989年にはギャランのキャビン後部のデザインを一部変更したかたちで、4ドアセダンの「エテルナSAVA」を投入。

 しかし、その後もギャランほどの人気は得られず、エテルナは1992年に発売された5代目をもって、歴史に幕を下ろしました。

※ ※ ※

 デザインには正解がないといわれ、各メーカーとも「売れるデザイン」を常に模索しているといえるでしょう。

 そのため昭和の時代には、さまざまなデザインが試され、消えていきました。

 一方、近年はあまり奇をてらったデザインのクルマは少なくなり、ユニークなデザインは見られなくなったのは残念ですが、それだけ自動車市場が成熟したといえるでしょう。

三菱・エテルナ の中古車をさがす

【画像】超絶ユニークだけどカッコイイ! 昭和の底力が感じられる車を見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. エクサの件は、せめて“国内では運輸省(当時)の認可が下りなかったため付け替えができなかった”ぐらい書いてほしかったな…

    • 記事書いてる奴は知らないんじゃないの?